機械学習 名古屋 第13回勉強会 【TensorBoardを使ったハンズオン】

イベント内容

☆★☆★☆★  来栖川電算様にスポンサーになって頂きました。  ☆★☆★☆★
☆★☆★☆★ 参加費無料です。どなたでもお気軽にご参加下さい。 ☆★☆★☆★

今回は、4階になります。お気を付けください。

1. TensorBoradのハンズオン

機械学習で結果や途中経過を確認・レポートするのに、データの可視化が重要になってきます。
今回は TensorFlow に標準で付いてくる(※1) TensorBoard で、様々な可視化を体感できるハンズオンを行いたいと思います。

  • 学習過程の可視化(loss、正解率、その他の評価指標などの確認)
  • 学習途中経過の可視化(Data Augmentation 後の画像 、重みのHistogramなどの確認)
  • 学習結果の可視化(汎化性能、分類結果などの確認)

※詳細は ハンズオン資料 を参照ください。

ハンズオン資料

環境等

以下の環境を前提とします:

  • Python 2.7.x / 3.x (3.5 以上を推奨)
  • TensorFlow v1.3.0
    • それ以前のバージョンでもおそらく動作しますが、できる限り最新のTensorFlowをご用意ください。
  • TensorBoard v0.1.8(※1)
    • それ以前のバージョンでもおそらく動作しますが、できる限り最新のTensorBoardをご用意ください。
  • numpy v0.11.x 以上
  • matplotlib v2.0.x 以上

※これらの環境構築済の Docker イメージ を用意しました。docker pull antimon2/mln201711 してご利用ください。
ハンズオン資料 も参照ください。

※1…TensorFlow 最新版(v1.3)では別パッケージになっていますが、pip等でインストールした場合には依存関係で同時にインストールされるようになっています。


2. 発表

何か発表をしていただける方は、ご連絡をお願いします。
機械学習/ディープラーニングに関することや、関連する内容ならなんでもOKです。

  • antimon2 (未定、NGK2017B の再アナウンス・Julia について等を予定)
  • n-katsu doc2vecについて

時間割

13:00-13:10 挨拶
13:10-14:30 ハンズオン
14:40-15:00 ハンズオンの解説・質疑応答
15:00-     発表

会場や会費について

会場:名駅南VIPルーム (4階) 住所:名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オリファビル4階

会費:無料
お気軽にご参加ください。

懇親会について

懇親会も来栖川電算様が一部、負担をしていただけます。
ぜひ、ご参加ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント