TOP

WebRTCでビデオチャットアプリを作ってみよう!

イベント内容

イベント内容

WebRTCを簡単に利用できるSkyWayを使って,ブラウザで動くビデオチャットアプリを作成します!

1.ビデオチャットアプリ作成ハンズオン

前半はハンズオン形式で,SkyWayを利用したWebRTC(ブラウザでのリアルタイム通信)を行うアプリケーションの作り方を習得してもらいます.

SkyWayとは,アプリやWebサイト,IoTデバイスにビデオ通話とP2P通信を追加できるAPIです.これを利用することで,サーバー構築や運用の手間をかけることなくリアルタイムコミュニケーションを実現することができます.

2. 何かを作ってみるためのUXデザイン入門

ハンズオンの後に,岩田裕平さんにUXデザインについてお話をいただきます. UXデザインの観点から作りたいアプリの価値とアイデアを整理して,プロトタイピングの準備を行います.

3.学んだ内容を使ったアプリ開発タイム

最後はもくもくタイムということで,参加者の皆さんが作りたいアプリを作る時間にします.

もちろん,開発したアプリの権利は100%自分のものです.身近な課題を解決する新しいコミュニケーションアプリを開発し,良いものができたら今後サービス化を目指すのもいいかもしれません!

対象者

WebRTCに興味がある学生・社会人

タイムスケジュール

  • 13:45 開場
  • 14:00~14:10 企業説明
  • 14:10~15:30 ハンズオン
  • 15:30~16:00 何かを作ってみるためのUXデザイン入門
  • 16:00~18:00 もくもくタイム
  • 18:00~19:30 懇親会

講師より

岩瀬義昌

「SkyWayのTechLeadをやっています。言語はNodeをよく書いていて、あとはクラウドインフラ周りの自動化が好きです。」

仲裕介

「SkyWayのDeveloper Relations(開発者向け広報)や、Technical Solutions(お客様の技術支援)をやっています。コミュニティ好きで、WebRTC Meetup Tokyoなどの開発者コミュニティをいくつか運営しています。」

岩田裕平

「この中で唯一のデザイナー。と言いつつ理物修士で絵は描けません。デザインの対象は新事業からイノベーションプロセス、サービス全体からUX、UIまで。広い意味での「デザイン」に興味持っていただければ幸いです。」

事前準備

懇親会

勉強会後には懇親会が開催され軽食が提供されます. NTTコミュニケーションズ株式会社のご厚意で参加費は無料となっていますので,勉強会後にぜひご参加ください.

その他

CAMPHOR- HOUSE 内では, 電源と Wi-Fi (2.4GHz/5GHz) を利用できます. 会場の場所がわからない場合は @CamphorKyoto へ連絡してください.

2018/01/13(土)
14:00〜19:30
参加者
5人 / 定員20人
会場
CAMPHOR- HOUSE
京都府京都市左京区吉田牛ノ宮町16番地