TOP

Unityで始める<いちばんやさしい>AR開発ハンズオン ~ARKit編~

イベント内容

【本イベントについて】
 Apple の “ARKit”、Google の “ARCore” という、開発者向けフレームワークが出揃ったことにより、スマートフォンなどのモバイル端末向け AR (Augmented Reality: 拡張現実) コンテンツの開発が、いよいよ本格的に始動した印象があった 2017 年後半。

<参考記事>
 AR 対応アプリケーションなどを通じて、ゲームなどの一般向けサービスのみならず、業務支援向けのアプリケーションなども含め、AR 体験を幅広い用途で活用されることが今後想定されています。また、特殊なセンサーを必要としない AR 機能が OS 標準で提供されることは普及台数の観点で大きなメリットがあり、より多くのユーザーにコンテンツを提供しやすい状況が整ってきたということも、AR 活用を更に加速させる理由として挙げられるでしょう。

 こういった現状を踏まえ、今回「いちばんやさしい AR 開発ハンズオン ~ARKit編~」と題し、未経験の方にも参加しやすい内容にて、AR 開発を試してみることができる機会を、セミナーとして設けることにいたしました。講師を務めるのは、VR / AR 開発に関する多数の技術書刊行に携わり、スマートフォン黎明期の AR アプリである “セカイカメラ” の開発にも関わった、高橋憲一氏です。ハンズオンではこうした開発に欠かせない Unity を使用し、初学者向けではありながらも、その後の学習へとつなげていきやすい内容にてハンズオンを行う予定です。

 業務目的~趣味領域まで、AR 開発にチャレンジしてみたい、という思いをお持ちの方へ、その第一歩を分かりやすくサポートするハンズオンセミナーとなっております。2018 年の学び始めに、是非このハンズオンをご活用いただければ幸いです。

---------------------------------------------

【開催概要】

■講座タイトル
Unityで始める<いちばんやさしい>AR開発ハンズオン ~ARKit編~

■開催日時
2018年2月3日 (土) 13:00 ~ 19:00(12:30 受付開始)

■会場
角川第3本社ビル(東京都千代田区富士見1-8-19)

■対象者(以下条件の両方に該当されている方を対象とします)
  • なんらかの言語を利用したプログラミング経験をお持ちの方(Unity や Xcode を使った経験、3D を扱った経験がなくてもご参加いただけます)
  • ハンズオン受講に必要な開発環境、検証用デバイスを持参できる方(Apple の Mac・iOS デバイス・Lightning ケーブルが必要です。詳しくは下部の説明文をご確認ください)
■参加費
18,000円(税込)

■定員
30名

■主催
株式会社角川アスキー総合研究所

※講義内容は予定です。都合により変更となる場合があります。
※定員となり次第申込受付終了とさせていただく場合がございます。

---------------------------------------------

【講師のご紹介】

高橋 憲一


■プロフィール
ソフトウェアエンジニアとしてこれまで携帯向けの 3D グラフィックスエンジンやスマートフォンのARアプリ開発に携わる。現在本業では 3D グラフィックスのレンダリングや解析エンジンの実装を担当し、もっぱら個人的活動として AR/VR について雑誌寄稿や翻訳本を出すなどしている。Tech Institute東北TECH道場 などでアプリ開発の講師経験も多数あり。

■著書

【ハンズオン内容について】
ARKitUnity を使って、iOS デバイス用の AR アプリを開発します。SDK(ソフトウェア開発キット)付属のサンプルを改造するところから始めて、インタラクティブな要素を加えるなど少しずつオリジナルな要素を加えていきます。

---------------------------------------------

【本ハンズオン受講に必要な開発環境・デバイスについて】

■開発環境
  • macOS Sierra 以降の OS で動作している Mac を使用します。受講前に最新の XcodeUnity をあらかじめインストールしておいてください。
  • お使いの Mac がどのバージョンの OS であるかは『Mac で macOS のバージョン番号を調べる方法』をご参照ください。
  • また、Unity はインストール時のコンポーネント選択画面で「iOS Build Support」を追加(下記の画像参照)しておいてください。
<参照:インストール時のコンポーネント選択画面>

※ハンズオン受講をご希望で、開発用 Mac のご準備が難しい方は、
 チケットご購入前にセミナー事務局までご相談ください。
 本ページ末尾に記載の連絡先メールアドレス宛にお問い合わせをお願いいたします。

■検証用デバイス
  • A9 以降のチップを搭載している iOS デバイスを使用します。
  • iPhone の場合は、iPhone 6s 以降(iPhone SE も含む)の機種が対象です。モデルの確認はこちらから。
  • iPad の場合は、現行のラインナップ中では iPad Pro(12.9インチ、10.5インチ)および iPad が対象です。モデルの確認はこちらから。
  • また iPhone / iPad ともに iOS 11 で動作している必要があります。ハンズオン当日までにアップデートをしておいてください。
■開発用 Mac と iOS デバイスを接続するケーブル
---------------------------------------------

■お申込み前にお読みください(会場への入退室などについて)

本イベントへのご参加にあたり下記について予めご了承くださるようお願い申し上げます。
  • 会場が休日のオフィスビルを使用しているため、セキュリティ上の都合により、途中外出/再入館ができません。飲み物は会場内に自動販売機がございます。
  • ご都合により途中退場される方はスタッフまでお声がけください。
  • 開演1時間後(14:00)には受付を締め切らせていただきます。
  • 会場には電源および無線LANによるインターネット接続のご用意があります。
---------------------------------------------

■当日スムーズにご入場いただく為、下記の準備を事前にお願いいたします。

【受付にて名刺を1枚頂戴いたします

【スマートフォンをお持ちの方】
お手持ちのデバイスへ Peatix アプリ をダウンロードしてください。

<iPhoneをお使いの方> http://ptix.co/RzBX6A
<Androidをお使いの方> http://ptix.co/ZHKkS8

アプリ内に入場チケット(QRコード)がございますので、そちらが表示された画面を受付にてご提示ください。

【スマートフォンをお持ちでない方、もしくはアプリをダウンロードできない方】
購入完了メール内の “ウェブで確認” より表示されるQRコード、
あるいはQRコードが印刷された用紙を受付にてご提示ください

【携帯電話(フィーチャーフォン)でお申し込みの方】
お申込み時にご登録いただくメールアドレスが携帯電話の場合、
迷惑メール防止の為に受信設定をしていると、
チケットに関するご案内メールを受け取れない場合があります。
受信設定をしている場合は「@peatix.com」からのメールが
受け取れるよう設定の上、支払い手続きを行ってください。

---------------------------------------------

■領収書について
原則としてクレジットカードの利用明細書、またはコンビニ決済時のレシートを領収書としてご利用いただけます。その他 Peatix では領収書の代わりに支払いの証明として利用いただける領収データ(PDF)をダウンロードいただくこともできます。領収データに関する詳しい情報は、Peatix ヘルプセンターの該当記事をご参照ください。

■チケット受渡方法
チケットお申込み後、登録されたメールアドレスにQRコード付Eチケットメールをお届け致しますので、イベント当日、開場受付にてメールの画面をご提示いただくか、またはプリントアウトした用紙をお持ちください。上記でご説明している Peatix のスマートフォンアプリが便利です。

---------------------------------------------

イベントに関するお問い合わせ先:
株式会社角川アスキー総合研究所
出版・リサーチ事業部
TEL:03-5840-7800
メール:seminar@lab-kadokawa.com
申込先
会場
角川第3本社ビル
東京都千代田区富士見1-8-19

注目のイベント

タグに関連するイベント

コラム

イベント New

6月(前半)に開催する注目のITイベント・勉強会まとめ 21選

6月前半に開催される注目のITイベント・勉強会をまとめました!気になるイベントがあれば是非ご参加くださ...
260 views
イベント

最先端ディープランニング活用事例大集合! - Deep Learningオールスターズ2017 -

2017年6月25日13時より「Deep Learningオールスターズ2017」が開催されました。 本イベントは様々な領域...
862 views
イベント

「SREは事業の成長を支える鍵に」ランサーズの多角化を後押しした施策まとめ

あのGoogleが最初に提唱した、Webサイトの安定性と信頼性を高めるインフラ構築の新手法ーー。そんな説明は...
344 views