TOP

【関東】量子化学計算VQEの効率化、QSEによる励起状態の計算

イベント内容

はじめに

量子化学計算を量子コンピュータで行うためには古典計算機での事前準備を含めて多数があります。また、その中で、最後の量子コンピュータでとく変分法であるVariational Quantum Eigensolver(VQE)を解く際に準備する波動関数に関して、より効率的な方法を提案しています。

量子化学計算

まだ小さい系ですが、量子ゲートモデルを使用して解いています。専門外ですが、頑張ります。

論文

Low-depth circuit ansatz for preparing correlated fermionic states on a quantum computer
Pierre-Luc Dallaire-Demers, Jonathan Romero, Libor Veis, Sukin Sim, Alán Aspuru-Guzik
https://arxiv.org/abs/1801.01053

勉強会オンラインコミュニティ

随時情報の更新や勉強会の資料が手に入ります。わからないところを質問したり、ニュースの交換があります。
下記招待コードよりぜひご参加ください。

https://join.slack.com/t/mdr-qc/shared_invite/enQtMzEzMjg0NDE2MTY2LTNhYmU5N2NlNWExMmIyN2RkNmNmZTA0ODUxYTg2MThjODI0OTAyMjcxNTBjMDNiZGI3ZWIzZmFjZWM0NzVhYzI

場所について

本郷三丁目を予定しています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/03/20(火)
13:00〜15:00
参加者
41人 / 定員100人
会場
MDR株式会社
東京都文京区本郷2丁目40-14山崎ビル3F

注目のポジション