TOP

第2回智頭宿うらみちハッカソン

イベント内容

開催趣旨

智頭町百人委員会(鳥取大学)が主催のワークショップ「第2回智頭宿うらみちハッカソン」を開催します。テーマは「うらみちの魅力の創出と情報発信」です。

前回のワークショップ「第1回3Dモデリングワークショップ&ハッカソンin智頭宿」では智頭宿をテーマとした様々なアイデアが創出されました。その中でも「うらみち」は智頭宿の魅力ある題材として多くのアイデアに活用されました。

そこで今回のワークショップでは、次のステップとして智頭宿の「うらみち」を題材としたハッカソンを行います。       第1回のアイデアを踏まえて、智頭宿の情緒溢れる「うらみち」の具体的な活用方法と実用化に向けてのプロセスの構成を行っていただきます。その上で、ICTを活用して情報を発信することを目的としています。

参加対象者

  • 鳥取県在住の方
  • 智頭町の方
  • 情緒溢れる「うらみち」に関心がある方
  • 空き家活用に関心がある方
  • 歴史的町並みに関心がある方
  • 地域活性化に関心がある方
  • ちょっと様子を見てみたい方

中高生、大学生、会社員、行政職員、NPO職員、どなたでもご参加いただけます。

ご家族での参加も可能です。ただし、小学5年生以上のお子様に限ります。

※参加者の方には、グループに分かれて行動していただきます。

ハッカソンで作成する成果物は参加者が独自に考案・作成するもの以外にも、成果物の例としてスタンプラリーアプリやARアプリの作り方をご案内いたします。イベントを通じてスタンプラリーアプリやARアプリ作りの体験ができます。

アイデアの取り扱い

  • 採用されたアイデアについては、公共財として使用させていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 今回のハッカソンでは、本当に実現したいと思ったアイデアは実現を目指して取り組むこととし、投票による取捨選択は行いません!ただし、似たアイデアの統合や、チーム横断的な協力は、積極的に推奨します。
  • 今回のハッカソンでのアウトプットは特に理由(個人情報を伏せたい、プライバシーに関わる等)がない場合は、事前にアウトプットした方に確認の上、基本的に全てオープンデータとして扱うことをご了承ください。またその成果物の著作権は、著者に帰属します。ライセンスは特に理由(作品に使用したデータのライセンスに制限がある等)がない場合は CC-BY 4.0の採用を推奨します。

ファシリテータ

準備中です。

スケジュール

※暫定版のため多少変更となる可能性があります。

時刻 内容
09:00 開場、受付開始
09:30 開会挨拶、イベントの説明、全体連絡
10:00 アイデアソン(企画検討時間)
11:00 スタンプラリー作成
(12:00) 昼食
14:30 AR作成
16:30 ハッカソン終了、最終発表
17:00 閉会挨拶、終了

持ち物

  • ノートパソコン、タブレット端末等(アプリ等をお使いになる方)

※Wi-Fi及び電源(テーブルタップ等)は主催者側で準備いたします。

運営組織

参加申込

本ウェブページからお申込みください。また、智頭町役場企画課または鳥取大学まで参加申込書の提出による申込も受け付けています。

  • ご提供いただきました個人情報イベント保険加入のために利用させていただきます。
  • 参加費は税込金額です。昼食のお弁当代が含まれます。当日に現金にてお支払いください。

問い合わせ

  • 鳥取大学 研究推進部地域価値創造研究教育機構企画管理室 松田
    • E-mail: matsuda-e@adm.tottori-u.ac.jp
    • TEL: 0857-31-6777

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。