TOP

WebアプリでIoT CHIRIMENハンズオン@関西

イベント内容

WebアプリでIoT CHIRIMENハンズオン@関西


CHIRIMENとは

CHIRIMEN はセンサーやアクチュエーターなどの物理デバイスを Webブラウザー技術だけで制御することができるオープンソースの開発環境です。これまでは専用のオープンソースハードのボードコンピュータ上で動くソフトウェアとして稼働していましたが、2017年11月にRaspberry Pi3上で動くソフトウェア(CHIRIMEN for Raspberry Pi3)がリリースされました。今回のイベントでは、このCHIRIMEN for Raspberry Pi3を使ってCHIRIMENを体験します。

CHIRIMENでは、ボードコンピュータ等に備わるGPIOやI2Cといったインターフェースで接続されたセンサーやアクチュエータ等(パーツ屋さんで電子部品のかたちで百円程度から入手できる)を、WebGPIOやWebI2CといったJavascriptAPIを使ってWebアプリ・JavaScript から制御することができます。Webブラウザをベースとしているため、画面やGUIを持ち、Webと繫がったシステム・アプライアンスの開発に利点を持ちます。

また、ボードコンピュータ上のWebブラウザ経由で統合開発環境のウェブサービス(JS BinやJSFiddleなど)を用いることもできるため、ホストコンピュータなしで開発することも可能です。(今回のイベントはこのスタイルで行います)

CHIRIMENは、日本で誕生したCHIRIMEN Open Hardwareというコミュニティによって開発され、ハード及びソフトを含む環境全体に対してCHIRIMENというコードネームがつけられました。

https://chirimen.org/


対象参加者イメージ

  • Webアプリは組んだことがあり、これからIoTにも取り組みたい方
  • ハードウェアや組み込み系の人でWebサービスやWeb系の言語に触れてみたい方
  • ブラウザからハードウェアを動かしてみたい人

タイムテーブル

  • 18:00 開場
  • 18:00 オープニング
  • 18:10 オリエンテーション
  • 18:30 もくもく会
  • 20:15 フィードバック・意見交換会
  • 21:00 完全撤収

会場について

大阪工業大学梅田キャンパスOITタワー 一階エントランスギャラリー
大阪市北区茶屋町1番45号


参加者が準備していただくもの

●一般参加(機材レンタル)の方

  • とくにありません。

●機材持ち込み をご希望の方

  • Raspberry Pi3 モデルB
  • モバイルモニタ(HDMI接続・WXGA以上の解像度)
  • USBキーボード
  • USBマウス
  • およびこれらを接続するためのケーブルと電源アダプタ
  • CHIRIMEN on Raspi3の最新のimage を書き込んだSDカード
  • こちらも参考にしてみてください。

後援

CHIRIMENコミュニティ大阪工業大学立命館大学WebDINO JapanKDDI

その他

  • 運営側で準備する機材より参加人数が多い場合は何人かで一台の機材を使っていただくことになります。確実に専用の機材で体験したい方は機材の持ち込みをお願いします。
  • 電源タップ・ポータブルHDMIモニターをお持ちの方は、持って来て頂けると作業が捗ります。
  • お手持ちのセンサー・機材の持ち込みは可能です。(ただしはんだ付けできる環境はありません)
  • ボードコンピュータとセンサやアクチュエータの配線はジャンパー線やブレッドボードで行います

もくもく会で使うチュートリアルの内容

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/03/15(木)
18:00〜21:00
参加者
14人 / 定員30人
会場
大阪工業大学梅田キャンパス 大工大 OITタワー 一階エントランスギャラリー
大阪市北区茶屋町1番45号

注目のポジション