TOP

【関東】量子モンテカルロ、負符号問題、相転移

イベント内容

はじめに

量子アニーリングなどのイジングマシンは既存の計算機で量子モンテカルロなどを使用すると高速にシミュレートできます。ただ、全ての理論がシミュレートできるわけではなく、量子性の強い部分などは計算が難しくなっています。その辺りを少しずつ学んでいきます。今回は特別ゲストで早稲田大学高等研究所の田中先生にもきてもらいます!

量子モンテカルロ法を使ったクラスタリング及びその周辺 -- D-Wave 商用化前夜の我々の取組 --

D-Waveをはじめとしたイジングマシンが盛り上がるだいぶ前、量子アニーリングという計算技術と機械学習という分野をたまたま知り、それらを掛け合わせることに挑戦しました。2008年のことです。
当時何を目指してこのような研究を行ったか、またこの研究の詳細について発表します。
Shu Tanaka (Waseda Univ. & JST PRESTO)

量子モンテカルロ法

モンテカルロ法は様々な分野で使用されています。厳密解の求めにくい問題に対して、モンテカルロ法で乱数を使用したシミュレーションを通じて精度をあげています。それらモンテカルロを使用して量子計算を見ていきたいと思います。

相転移

相転移があると計算に影響がでるぽいです。

負符号問題

確率重みが負になることがあります。負になるとモンテカルロ法が使いづらいです。

量子モンテカルロ法の種類

様々な種類があるようなのでその辺りも見ていきたいと思います。

勉強会オンラインコミュニティ

随時情報の更新や勉強会の資料が手に入ります。わからないところを質問したり、ニュースの交換があります。
下記招待コードよりぜひご参加ください。

https://join.slack.com/t/mdr-qc/shared_invite/enQtMzEzMjg0NDE2MTY2LTNhYmU5N2NlNWExMmIyN2RkNmNmZTA0ODUxYTg2MThjODI0OTAyMjcxNTBjMDNiZGI3ZWIzZmFjZWM0NzVhYzI

場所について

本郷三丁目を予定しています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/05/17(木)
18:30〜20:30
参加者
103人 / 定員120人
会場
MDR株式会社
東京都文京区本郷2丁目40-14山崎ビル3F

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。