TOP

第15回 CoderDojo横浜

イベント内容

第15回 CoderDojo横浜

CoderDojoとは

CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。

2011年にアイルランドで始まり、世界85カ国・1,600の道場、日本では全国に150以上の道場があります。

※是非事前にガイダンス資料をご確認いただき、道場の雰囲気や考えをご理解ください→CoderDojo Japan

参加資格

  • 対象 :小学生、中学生(※保護者付き添いでお願いします。未就学児の参加も保護者判断でOKです。)

  • 持ち物:ノートPC(Wi-Fi接続可能なPC。PyonkeeやHour of CodeはiPadなどのタブレットでも可。)。お持ちのPC向けのプロジェクタ投影用コネクタをお持ちでしたら持参いただけると助かります。

  • 定員 :6名(※メンターの人数に応じて都度参加者を増やします。)

  • 費用 :無料

開催日時、場所

  • 日時:2018/05/04(金・祝)14:00-16:00(13:45受付開始)

  • 場所:かながわ県民センター(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)3階 305会議室

タイムテーブル

  • 13:45 受付開始
  • 14:00 CoderDojoの話(メンターさんのネタ発表も?)
  • 14:15 創作開始!
  • 15:05 休憩
  • 15:20 発表!
  • 15:40 みんなの作品に触れてみよう!
  • 16:00 おしまい(17:00まで遊べます) 

開催概要

  1. PCを使ったプログラミングが初めての方は「Hour of Code」から学習して行きましょう。ブロックの組み合わせでプログラミングを進められます。予習は不要ですが、子どもの学習履歴が残せるため、Code.org にてアカウントの作成をおすすめします。(アカウントは作成しなくても学習できますので、どちらでも問題ありません)

  2. Scratch」 を始めたい方は、メンターと一緒に簡単なゲームを作りから始められます。予習は不要ですが、ユーザー登録を済ませておいて下さい。Wi-Fi環境に依存しないオフラインエディターも入れておくとより安心です。※Scratchアカウントのつくり方 by CoderDojo藤沢  

  3. 既にScratchで作品作りをしている方は、どんなことをやりたいか何となくでも考えて、当日はどんどん進めて行きましょう。

  4. PCより「モノ」を使ったプログラミング、TechToysに興味がある方、Osmo Coding Awbie/JamOzobot bit/evoMESH を準備しますので、こちらで遊んで学んで行きましょう。未就学児の弟妹もこちらなら遊んで学べるかもしれません。(誰もチェックを入れていないと持って行かない可能性もあります。)

  5. micro:bitも3つ準備していますので、こちらも使ってみてください。

保護者の方へ

  • 今まで以上に参加している子ども同士や、子どもとメンター間で話し易い場に出来ればと思っており、親子同士より子ども同士の席を増やしたいと思っています。もし、今回は子ども同士の席で試してみようという保護者の方がいましたら、保護者の方は発表までは後ろの席で見守っていただくか、主に他のお子さまをフォロー頂くか、自由に退室され発表の時間までには戻ってきて頂ければと思います。

寄付について

  • CoderDojo横浜はボランティアで開催をしています。今後の継続のため、もしご賛同いただける方は会場にかかる費用などをサポートいただけると助かります。

撮影について

  • 会場内では写真を撮影します。Twitterやブログ、SNSなどで利用し、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。

メンターについて

  • 「Scratch」「Hour of Code」などをサポート頂けるメンターさんを都度募集しています。
  • 毎回ゼロから募集しており、開催の前後に何かをお願いしたり連絡したりすることもありません。お気軽に参加下さい。
  • Scratch自体の技術力は問いません。子ども達の相談にのって一緒に考えてサポートしてくれる方、ご協力をお願いします!
  • その他の言語等もフォローが可能な場合は、アンケートで是非コメントをお願いします。
  • 完全ボランティアとなります。交通費・報酬などは一切ございません。ご理解の上でご参加下さい。
  • CoderDojoが初めての方は13:30位を目処にお越し下さい(13:00過ぎには会場設営始めてます)。不明点はお問合せください。
  • メンターのお子様も参加OKです。申し込みの際にその旨コメントをお願いします。
  • 最初のメンター紹介で自由なネタ発表、大歓迎です!

その他

  • 持参されるPCのプロジェクタに投影できるコネクタやケーブルをお持ちでしたら持参願います。(人数が多い場合、発表時に投影するため。)
  • プロジェクタ側はHDMIとVGAに対応しています。(Apple製品向けの、USB-C、Mini DisplayPort、Lightning、30pin対応のコネクタは主催側で準備しております。)
  • Wi-FI接続環境は同時接続数40まで可能なWi-Fiルータを準備しますが、速度不足の可能性があるため、ご自身で準備できる方はお願いします。
  • Scratch関連の本など、毎回複数冊準備しております。必要に応じて当日ご利用ください。
  • メンターの参加人数[3名以上]に応じて、参加者を随時増やして行きます。
  • CoderDojo横浜のScratchスタジオがありますので、参加された方は是非プロジェクトを追加してみて下さい!
  • 過去の開催レポートは こちら

今回予定が合わない方、是非お近くのCoderDojoへ!(↓は県内ですが、都内の方が近い場合も!?)