TOP

初夏のJavaScript祭 in サーキュレーションビル ForPro

イベント内容

JavaScript祭はおかげさまで5年目!

JavaScript祭はおかげさまで5年目を迎えました。
好評のビアバッシュLTもやっちゃいます!

ビール飲みつつ、JavaScriptへの愛をみんなで語ろう!

前回同様チケットは全て懇親会付き。
ぜひ、懇親会も参加してみんなでJavaScriptへの愛を語ろう!JS友達を作ろう!

JavaScript祭 前回のイベントの様子はこちらをご覧ください

LT参加者の方は500円割引致します。

LTの参加申し込みは下記Doorkeeperのお問い合わせフォームからLTの内容(簡潔に)とお名前を明記の上、ご連絡ください。
当日の参加も可能ですが、事前に申請していただくと500円の割引コードを発行します。
LT参加の方は運営からの割引コードの発行を待ってからチケットを購入してください。
お問い合わせ

※参加チケットは有料となっております。参加チケットを事前に取得した上でご参加下さい。(会場で現金にて受け取ることは出来ません。)

参加チケットの決済を完了しないまま一定時間を経過して自働キャンセルになる方が多くいらっしゃいます。キャンセル待ちが発生した後は参加自体難しくなるので チケットを取得された後はお早めに決済の手続きを取って下さい。

会場アクセス

東京都渋⾕区神宮前3-21-5 サーキュレーションビル ForPro

・JR「原宿駅」竹下口より 徒歩10分ほど
詳しい経路はこちら

タイムスケジュール

内容・セッション順は変更になる可能性があります。
全てのセッション後、懇親会となっております。プログラミングイベントなのに、デザイナーもプログラマーも、業種も様々な方に毎回お集り頂いております。ぜひ懇親会も参加して、交流の場を広げて下さい。

time session speaker
14:00 受付開始 -
14:30 イベント開始 -
14:30 会場提供者からの挨拶 株式会社サーキュレーション様
14:40 スポンサーセッション 枠
14:50 Firebaseを利用したフロントエンド開発
Firebaseを使ってTwitterログインをして、フロントエンドだけであれこれしてみようと思います。
株式会社トゥーアール
扇 克至 (おうぎ かつし)
15:10 コンポーネント間通信はReduxがベストなのか(仮)
Web Components, React, Vue.js, Angular等のフロントエンドコンポーネント間通信の方法を比較します。既存コンポーネントを再利用し易いかを、主な観点として評価する予定です。
@tipo159 (ティーポ159)
15:30 (詳細調整中)
メタプロかブロックチェーンのどちらか
erukiti (えるきち)
15:50 JavaScript ( 時々 TypeScript ) でゆるやかにはじめる関数型プログラミング ( 仮 )
関数型プログラミングというと、かつては学術的用途などアカデミックなイメージが先行していましたが、リアクティブプログラミング等の登場によりその事例は web フロントエンド界隈にまで広がっています。今回はそんな関数型プログラミングのさわり部分を JavaScript を題材にしてご紹介します。
Webサイト wakamsha ( わかむしゃ )
16:10 Dexie.jsで初めるIndexedDB
IndexedDBは高機能な反面、実際にそれを用いて実装するとなると手間がかかります。
今回はそんなIndexedDBを簡単に扱うことができるDexie.jsの使い方や何ができるのかを紹介します
Webサイト
ひまのあ
質疑応答 -
16:30 改めて理解するJavaScript Array
配列を操作するとなったらすぐにjQueryやlodashなどのライブラリに頼っていませんか。モダンなJavaScriptにおける標準的な配列操作を改めて学び上級者に近づきましょう。
株式会社ピクセルグリッド
github
okunokentaro
16:50 実践ES Modules
今春に全ての主要ブラウザでES Modulesがサポートされ、WebpackなどのツールなしでもJavaScriptのモジュール化が可能になりました。今回は、そのES Modulesの使い方、活用方法、そして将来の展望についてお話しします。
日本大学
Webサイト 
尾上洋介
17:10 Bootstrap4 Source code版の利用方法
世界で最も使われているフロントエンドフレームワークのBootstrapが、2018年1月18日に最新バージョン4がローンチされました。
BootstrapはCDN版の利用など様々ですが、今回はSource code版の使い方をご説明します。
KDDIウェブコミュニケーションズ
Webサイト 
阿部 正幸
17:30 女性専用SNS tipsysから考えるプライベートプロダクトとJavaScriptの可能性
各フレームワークとデバイスの性能があがり、JavaScriptがシンプルに書けるようになったことで、「Web制作者がアプリをつくることができる時代」がきました。一事例として、女性専用SNS tipsysによって得た知見、どう収益をあげているかをご紹介します。
一般社団法人リレーションデザイン研究所 
榊原昌彦
17:50 IoTのいろんなパートをJavaScriptでやってみた話(仮)
JavaScriptでIoTデバイス ESP32制御できるMongooseOSを起点として、クラウドのやりとりもJavaScriptでやってみて、JavaScriptに慣れながら、デバイスを動かしてみたことをお話する予定です。
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
@morita_pac
森田 大己
18:10 後半終了 質疑応答 -
18:15 懇親会開催 LT大会ビアバッシュ -
20:00 終了予定 -

参加チケット


前回好評だったビアバッシュLT、今回もやります!是非懇親会の参加も宜しくお願いします
毎回飛び入りLTも多く参加してくださるLT大会。事前に申請していただくと500円の割引コードを発行します。

LTご希望の方はこちらよりお問い合わせください
LT参加申請を事前にしていただくと、割引コードを運営者より発行いたします。

スポンサー


会場提供スポンサー

株式会社サーキュレーション

flexy(フレキシー) -エンジニア・デザイナーに自由を-

スポンサーシップ募集しております。

JavaScript祭は非営利のIT勉強会グループです。企業様からのスポンサーシップ、ボランティアで運営されています。
「ピザおごります」「ウェルカムスナック用意します」「懇親会のドリンクサポートします」など物品によるスポンサードも歓迎致します!

スポンサーセッションは2万〜となっており、低コストにて御社並びに御社製品の紹介が可能です。
このほか来場者向けにチラシ配布もさせていただきます。スポンサー様は懇親会費用は参加費用無料とさせていただきます。

このほかスポンサー情報についてはDoorkeeperのお問い合わせからご連絡ください

スポンサーに関するお問い合わせ

ご注意

宗教・暴力団関係者・リクルートのための営業などを禁止しております
見かけた際は運営の方へご連絡お願いいたします

運営会社

JavaScript祭運営委員会
ITかあさん合同会社

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/05/19(土)
14:30〜20:00
参加者
26人 / 定員100人
会場
株式会社サーキュレーション
東京都渋谷区神宮前3−21−5

注目のポジション