TOP

データサイエンスと戦略・マーケティング #1

イベント内容

内容概要

データサイエンスを行なうにあたって、ビジネスの理解を深く理解することが
有益であるということが、普段お仕事上でも感じることが多いのではないかと思います。
そこで、ビジネス側の視点からどのようにデータサイエンスを取り扱うべきかというのを、
大手有名外資消費財メーカーに所属する現職の経営企画のプロフェッショナルから具体的な
事例を踏まえて、実務的な観点でご説明させていただければと思います。

まず第一回はなぜデータ分析プロジェクトが失敗するのかについて考察したのちに、
マーケティングの考え方について取り扱います。

Introduction
  なぜデータ分析のプロジェクトはうまくいかないのか
  マネジメントのためのフレームワークであるCRISP-DMの紹介
  ビジネスをいかに理解していくか

Product Portfolio Management (PPM)
  自社製品の分析
  競合分析
  具体的な事例

・製品のポジショニング
  業界全体の動向
  市場におけるそれぞれのポジション

・上記を考える上で、重要となるビジネス分析、考え方
  PEST
  SWOT
  3C
  Value Chain


当日までに詳細部分は一部変わる可能性があります

身につく内容

・マーケティングの基本的なフレームワーク(PPM, Positioning)
・環境分析(PEST,SWOT,3C, Value Chain)
・消費財マーケティングの仕事概要

開催日程

5/18()
受付:19:4520:00
講義:20:0022:00


希望者がおられたらそのまま二次会を30分〜1時間程度行えればと思います。

会場

水道橋駅、神保町駅、九段下駅周辺
お申し込みいただいた方に別途ご連絡させていただきます。

対象者

・ビジネスに関する基礎的なフレームワークを学びたい方
・日常生活にある製品での、マーケティング背景を知りたい方
・システム周りに詳しいけれども、ビジネスのことを知りたい方

講師プロフィール

大手有名外資消費財メーカー経営企画
工場経理から製品のマーケティング管理、内部監査、本社へのレポーティングを経験。
最近では、Power BI, RPA, Alexaのプロジェクトに従事している傍ら、技術にも強いビジネス
サイドのプロフェッショナルを目指しプログラミングやData Scienceの習得に励む。

主催者プロフィール(技術側監修)

東大工学部卒。
データ分析/AI開発の仕事の経験は5年以上で、理論/開発/ビジネスのどれも経験があり強い。
また、多くの業界のプロジェクトに関わったためドメイン知識も豊富。
初心者向けの指導実績も多く、500名は越える。

当日のお持物

特にありません。

当日までの事前学習

特にありません。

領収書

領収書の発行も可能ですのでご希望の方はその旨お申し付けいただければと思います。
(事務手数料として、追加500円を含んだ金額でのお支払いと発行とさせていただきます。)

備考

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/05/18(金)
20:00〜22:00
参加者
20人 / 定員20人
会場
水道橋駅周辺(三崎町交差点付近)
東京都千代田区神田三崎町2 (水道橋駅三崎町交差点周辺)

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。