TOP

Plasma #2

イベント内容

Ethereumのスケーラビリティ問題の解決策としてEthereum CreatorのVItalik Buterin氏と、Lighthing Network Author のJoseph Poon氏によって考案されたPlasma。

Plasma #1ではEthereumで起こっているスケーラビリティ問題の背景、Sharding、Plasma、State channelなどのソリューション、Plasmaに対する攻撃について学びました。

第二回のPlasma #2ではさらに進んだ内容を見ていきます。(内容が微修正される場合があります。ご了承ください)

参加が無理になった場合は必ずキャンセル処理をお願いします。

第二回

時間 内容
19:00-19:30 開場・受付
19:30-19:35 イベント説明
19:35-19:40 ????
19:40-19:50 前回のおさらい
19:50-20:20 Plasma cashとPlasamaXT
20:20-20:30 休憩
20:30-21:00 Plasmaのexitの高速化についてともに考える
21:00-22:00 懇親会

登壇者

  • 落合 渉悟 tw: @_sgtn

Cryptoeconomics Lab Japan主宰。Gunosy, MaticNetwork, SwingbyProtocol, Zilliqa, 佐藤航陽氏, 福岡市等とコミュニティの発展に尽力。tendermintベースの「プログラマーが書いていて楽しいPlasmaブロックチェーン」である shogochiai/planet を試作中。

  • 松本 勇気 tw: @y_matsuwitter

東京大学工学部在学中から複数のスタートアップを立ち上げ、Webサービスやアプリを開発。2013年よりGunosyに参画。iOS、Androidなどのクライアント開発、Go言語をはじめとしたAPIからインフラ(AWS)まで幅広い領域の開発を担う。2014年6月に執行役員に就任し、現在はCTOとして新規事業開発を担当。直近ではブロックチェーンや非中央集権アプリケーションといった領域の調査を進めている。

企画・運営

  • 宇野 雅晴 tw: @UNOkov

イベントまでに読んでおくと捗るもの

Plasmaホワイトペーパー

(英) https://plasma.io/

(日)https://github.com/shogochiai/plasma-whitepaper-jp

受付方法

当日は受付の効率化のため受付票を確認させていただきます。

connpassページから受付票の発行を選択し、スマホの画面に写したうえで受付にご提示ください。

会場

場所: 株式会社Gunosyオフィス スキップヒル

住所: 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー25階

URL: https://goo.gl/aFdrVK

入館方法: 六本木ヒルズは通常の受付ではなく エレベーターホールCの受付をご利用ください。 スターバックスを通り過ぎて、バークレイズ銀行のロゴがあるエントランスから入って、森ビルの受付で身分証または名刺2枚を提出し、入館証をお受け取りください。

第三回(6月末)

  • PlasmaCashが解決しようとしたことと、新たな課題と、その緩和
  • ニュースアップデート

第四回 Plasmaハッカソン(7月末か8月頭)

  • 内容未定です。みなさんのご意見を参考にしたいと考えてます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。