TOP

単体03②【博多6月開催】スマホサイトを根本から快適にする「UIデザインのツボ」

イベント内容

グロースハッカーもノドから手が出るほど知りたい、ユーザー視点で作るスマホサイトのUIデザイン!

多くのサイトで、スマートフォンユーザーの利用率が60%を超え、今やスマホファーストのWEBデザインは必須といえます。その一方で、運用効率やコストの面から、レスポンシブ対応のデザインが求められ、デザイナー側の魅せるデザインとも相まって、サイト利用する側の「使いやすさ」や「わかりやすさ」が犠牲になっている側面は否めません。

大好評書籍「だから、そのデザインはダメなんだ。」の著者が、これまで多くの方からリクエストを頂いていた「使いやすい・分かりやすいスマートフォンサイトのUIデザイン」のテクニックやノウハウを全国初!博多会場にて書き下ろし初公開します!

▼こんなことを学びます (^_^)/★

スマートフォンのサイト構築において、『本来あるべき使い勝手』や『わかりやすさ」の観点から、スマホ用UIデザインをユーザー視点に立って徹底的にその性能を検証し、あらゆるデザイナーのバイブルになるUIデザインの方向性や、最適なデザイン表現や構成レイアウトを学べぶことができます!

▼こんなメリットがあります (^_^)/★

著名な企業のさまざまなWEBサイトを具体例に、スマートフォンにおけるUIの善し悪しを評価し、今まで当たり前だと思っていたデザインのセオリーに対して一石を投じ、「目からウロコ」の新しい『気づき』を実現していきます!

▼講座内容 (^_^)/★

※各講座の内容は開発中のため、タイトルは仮であり内容は変更になる場合があります。

【スマホのユーザー実態】

  • 右手、左手、片手、両手?
  • 親指が届く範囲と操作性
  • スマホ画面上の視線移動
  • iPhoneとGalaxy端末の画面反応の違い
  • メニューの固定表示

【ハンバーガーメニューを徹底研究】

  • 大多数の企業で採用されているからOKなのか?
  • だから、このメニューはダメなんだ。
  • サイト構造を理解できないのはなぜ?
  • 直感性を損なわないさまざまなナビゲーションメニュー
  • 直感性を損なうカルーセルナビ

【レスポンシブデザインで注意すること】

  • 適合化であって最適化ではない
  • レスポンシブのメリット
  • レスポンシブにより失うもの
  • カルーセルパネルに必要な本当のUI

【快適を維持するためのボタン性能】

  • アップルやグーグルがガイドラインで規定する最適なボタンサイズ
  • 最低限認識可能なアイコンサイズや表現方法
  • 最適なボタンやテキストリンクの感覚
  • 右手でも左手でも押せる最適なボタン表現
  • 意味の通じないアイコンやピクトグラムならいらない

【操作を分断しないモーダル表示、アコーディオン表示】

  • モーダル表示は、直感性を阻害することがある
  • モーダル表示は、開けた後「閉じる」操作が問題
  • やってはいけないモーダルの落とし穴
  • スマートフォンでは別窓表示は禁じ手
  • 知りたい度に答えるアコーディオン表示
  • やってはいけないアコーディオン表示
  • アコーディオン表示を閉じた後現在位置を見失わないポイント

【入力操作を快適にする入力フォームの良し悪し】

  • ユーザー視点に立った入力の省力化
  • スマートフォンではタブ操作ができない
  • 選択肢は「比較」できることが必要
  • 入力制限を緩くしてストレスを無くす
  • 入力ミスを起こさせないインタフェース
  • ユーザーに正しい入力を促すことがエラー文言の目的

【グーグルモバイルファーストについて】

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/06/10(日)
09:30〜14:30
参加者
定員10人
会場
SMR1104(リファレンス大博多ビル)
福岡市博多区博多駅前2-20-1