TOP

イベント内容

Meguro.devとは?

Meguro.dev はAWSの各サービスを道具としてアプリケーション開発を行う デベロッパーのための新しいコミュニティ です。

どのようにAWSを使ったアプリケーションを開発するか、具体的にどうコーディングしていくべきかといった主にアプリケーション開発の観点からもくもく会など実際に手を動かす(コードを書く)少人数制の勉強会を定期開催していく予定です。

誰かの発表を聞くといった座学だけではなく、実習形式で手を動かして体得することを目的としています。したがって 基本的にコードを書くことを中心とした活動 となります。

もちろんAWS初心者の方も参加可能です。ただし、ハンズオンといったものはありませんのでご注意ください。AWSの人間も参加者として参加するので質問してもらったり一緒に考えることもできます。

今後のテーマや開催内容については有志のコアメンバーにより議論・検討していきます。

スコープ

ひとまずプログラマが道具として利用するサービス群のうちコードを書くことが前提となるサービスを対象としています。具体的にはサーバーレス、モバイル、機械学習関連サービスなどですが、別にこれらに限りません。

第3回「モブプログラミング」!

第0回で実施したアンカンファレンス(意見交換)およびアンケートにて「具体的にどのような活動をやってみたいか?」を参加者の皆さんから伺いました。その中の意見を元に、第1,2回では モブプログラミング を実施しご好評をいただきました。第3回も前回と同様、モブプラミングを実施いたします!

次のテーマからグループ分けを行い、モブプログラミングを行います。

  • Amplify & GraphQL (参考)
  • セッション管理が必要なAlexaスキルをモブプロで作る!
  • aws-sam-cliでつくる簡単なサーバーレスアプリ (参考)
  • Rekognitionをモブプロで体験!
  • AppSyncをモブプロで体験!

※ 当日の参加者の皆さんの希望や意見によって、テーマを追加することもできます!

最後には全体でグループごとに発表を行い、知見を共有します!

想定参加者

アプリケーションエンジニア、デベロッパー、プログラマ
AWS初心者、モブプロ初心者大歓迎です!

※ 職種はなんでもいいですが、大前提としてフロントエンドもしくはサーバサイドのコードが書ける、もしくは書いている人とします

参加者ご自身で用意していただくもの

  • PC もくもく会を行いますのでご自身が利用したいお好きな言語の開発環境をご用意してください クラウドIDEサービスであるAWS Cloud9を利用するという選択肢もあります。

  • AWSアカウント クレジットカードをお持ちであればその場でサインアップしていただいても構いません

※Wi-Fiは会場のゲストWi-Fiが利用可能です

アジェンダ

時間 内容
18:30-19:00 開場・受付開始
19:00-19:15 Meguro.dev説明およびグループ決め
19:15-21:00 グループに分かれてモブプログラミングを実践
21:00-21:30 発表会

場所

アマゾン目黒オフィス 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー 14F

その他

Slack

みなさまからご要望をいただいていたSlackを用意いたしました!ぜひこちらにもご参加ください!

https://join.slack.com/t/meguro-dev/shared_invite/enQtMzc5Mjk3Mjc3MjMzLTQ0OGMyNGY4ZmZiMWUwYTJlMDRjNGE1ODA4MTNkODllOTM0NmZhYTJhYjE2MTY1MzI3NzJmZDU5Y2M3Y2FmYTQ

ロゴ作ってくれる人募集中!

上記のMeguro.devのロゴは暫定です。西谷さんが適当に作りました。 なので ちゃんとしたロゴ を作成してくれる人も募集しております。 我こそはという方は@Keisuke69までご連絡ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/06/12(火)
19:00〜21:30
参加者
21人 / 定員50人
会場
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー 14F