TOP

【さらに増枠】【大阪】需要予測AIハンズオン! 6/28

イベント内容

データダウンロード(6/28 追記)

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tabio-0628/tabio.zip (削除しました)

当日の注意点(6/25 追記)

当日はいくつかファイルをダウンロードしていただきます。フリーWiFiを用意していますのでプロキシ等のネットワークの設定について事前にご確認お願い致します。 なお、フリーWiFiのアクセス数も限りがございますので、可能な限りご自身のスマートホン等によるアクセスをお願い致します。

環境構築(6/15 追記)

資料欄の手順書に従って事前に環境構築をお願い致します。当日はタイトなスケジュールのため環境構築を実施する時間をとることができません。あらかじめご了承ください。

目的

需要予測AIの作り方のいろはを学ぶことができます。データさえ用意できれば独自の需要予測AIが作れるようになります。

身につくスキル

  • Jupyter Notebookの基本
  • データの加工やグラフ表示
  • LSTM(RNN)・SARIMAの実装(理論については解説致しません)
  • TensorBoardの使い方
  • モデル評価の手法
  • 保存したモデルを使った未来の需要予測
  • 正答率を向上させるテクニック

対象者

MNISTのチュートリアルは完了したけどその先に進めない、需要予測をしたいけど何から手を付けていいか分からない、独学で需要予測をしているけど合っているのか分からない、という方々向けのハンズオンセミナーです。

参加条件

メモリ8GB以上搭載のWindows10(64bit)ノートPCに、後ほどご連絡するツールをインストールして事前に環境構築をお願い致します。MacやLinux系OSでもご参加いただけますがツールのサポートは致しかねます。

内容(18:00 - 20:00)

  1. ご挨拶
  2. Jupyter Notebookを使ってダウンロードしたデータを表やグラフで確認。
  3. 不要なデータの除去、欠損値の補完によりフォーマットを変更して表やグラフで再確認。
  4. LSTM・SARIMAでモデルを作成。
  5. TensorBoardの解説。
  6. 評価関数によるモデルの評価、ギャップの確認。
  7. API化したモデルを使って未知のデータで需要予測を実施。
  8. 振り返り、正答率を向上させるためには。
  9. 質疑応答

交流会(20:00 - 21:00)

ハンズオンセミナー実施後に立食形式の交流会を実施致します。講師・協賛団体・参加者同士で親睦を深め、情報交換や今後のビジネスに役立てていただけますと幸いです。

会場

タビオ株式会社(なんばパークス内パークスタワー17F)

アクセス:各線難波駅より徒歩1分~5分

協賛

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/06/28(木)
18:00〜21:00
参加者
32人 / 定員40人
会場
タビオ株式会社(パークスタワー 17F)
大阪市浪速区難波中2-10-70 (なんばパークス内パークスタワー17F)