TOP

UX勉強会 :UXの現場とビジネスに役立つビジュアル化

イベント内容

【イベント概要】

UX設計(UXD)はストリーテーリングやシナリオなどのユーザー体験を表しますが、ビジュアル化されることで問題発見の手助けになったり、チームの共通認識を持つことができます。しかし、可視化すでば良い訳ではありません。そこには何を伝えるべきものか、何を見い出すためのものかを理解して設計しなければなりません。

今回は、”設計に注目した”ビジュアル化方法を勉強していただきます。”グラレコ”をはじめ、”シナリオ作成”、”ストリーテーリング”について学んでいきます。

【アジェンダ】

  • UXにストーリーが必要な理由(わけ)  大本あかね
  • UX DAYS TOKYO 2018のグラレコ  大垣麻衣 大本あかね 
  • グラレコの描き方とポイント かえる
  • イラストを描いてみる(実習)
  • シナリオ作成のポイント 古市由美
  • 質疑

【登壇者】

  • リブセンス デザイナー 大垣麻衣

元システムエンジニアで、2年前にデザイナーへ転職。リブセンス アルバイト事業部 SEO/UXグループに所属し、アルバイト求人Webサービス「マッハバイト」のUI/UX改善を行なっている。 今回、UX DAYS TOKYO2018へ参加するにあたり、初めてグラフィックレコードに挑戦。

  • 宇治茶 更(うじさかえる)

昼間は企業でエンジニアをしながら、グラレコやワークショップの実践および新規開発、パターンランゲージを使った人材育成用教材のデザインなどに従事。 打ち合わせや議論、セミナーなどで、模造紙やホワイトボードにその時その場での話し合いの内容を箇条書きや図表、イラストを使って見える化し、議論を促進するファシリテーション、ワークショップの開催と新規開発も行う。最近は「共創」に関する研究と啓蒙を精力的に行っており、『ティール組織』の考えに基づくスキルやノウハウを体系的にまとめ、世に広めることに取り組んでいる。 

  • 漫画家、ゲームシナリオライター 古市由美
  • モデレーター:大本あかね / UX DAYS TOKYO

【対象者】

  • プロジェクトを上手に進行させたい方。
  • 会議を効率よく効果的なものにしたい方。
  • プレゼンを良くされ、人に伝わる方法を学びたい方。
  • UX設計を行っている方。
  • 企画を行う方。
  • シナリオ作成、ストーリーボードを学びたい方。

【タイムスケジュール】

  • 19:00 開場
  • 19:15 UXにストーリーが必要な理由(わけ)  大本あかね
  • 19:25 UX DAYS TOKYO 2018のグラレコ  大垣麻衣 大本あかね 
  • 19:45 グラレコの描き方とポイント かえる
  • 20:15 イラストを描いてみる(実習)
  • 20:35 シナリオ作成のポイント 古市由美
  • 21:15 質疑応答&懇親会
  • 21:45 終了

【参加費】

  • (初回特別価格)1000円  FBシェア枠 500円 <<今回
  • 参加費:2000円 FBシェア枠 1500円  <<通常
  • スタッフ枠は一般の方の申し込みはできません。

【持参するもの】

  • ノート
  • 黒ペン(ボールペンでもいいですが、できればサインペンが望ましい)
  • カラーペン(オレンジでもなんでも。影ぽくするために蛍光ペンやコピックなどのオススメ)

【当日受付に関して】

connpassの受付番号と、お名刺を1枚ご準備下さい。 会場は、ゲスト用無線 LANが利用可能です。

※お支払い方法は、connpass上での事前決済となります。

【諸注意】

  • 本イベントの様子をSNSやWeb上に掲載する可能性があります。 客席を含む会場内の写真が使用されることがありますので、予めご了承ください。

  • やむを得ない事情によりイベントの開催を見合わせる場合もございます。その際は事前にご案内いたしますので、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/07/27(金)
19:00〜22:00
参加者
33人 / 定員33人
会場
リブセンス
東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル 5F

注目のポジション