TOP

【全4回】身近な例に学ぶ数値シミュレーション入門 #1

イベント内容

内容概要

機械学習系の勉強会は最近多いと思うのですが、あまり一側面からだけ見るのも良くないと
思われるため、数値シミュレーションについて企画させていただきました。
似たような考え方で、全く違うアウトプットについての知見を深めることができます。

基礎統計の学習が終了された方を対象に、応用的な統計、数学の理論を整理しながら、実際に
数値シミュレーションプログラムを動作させて実感していただきたいと思います。

これを機に知見を広めたい方がおられましたら、是非ともご参加いただけますと嬉しいです。
よろしくお願いいたします!!

アジェンダ

以下の内容を膨らませつつ、演習を交えて講義します。

数値シミュレーション概要
・数値シミュレーションとは? 
・数値シミュレーションに関係する主な領域
・数値シミュレーションのアプローチ 
・数値シミュレーションの注意点 
・離散化:数学モデル(連続)から数値モデル(離散)

 拡散方程式(1次元)を数値シミュレーションしてみよう(差分法)
 ・数学的モデル(微分方程式)から数値モデルを(代数方程式)を構築する
 ・ソフトウエアを開発して数値モデル(代数方程式)を計算する

ブラウン運動(ランダムウオーク)

拡散に支配された凝集(DLA)

開催日程

7/21()
7/28()
8/4()
8/11()

受付:12:50  13:00
講義:13:00  14:40
質疑応答:14:40  15:00

会場

水道橋駅、神保町駅、九段下駅周辺
お申し込みいただいた方に別途ご連絡させていただきます。

前提知識

・基礎統計の内容を把握出来ている方
・大学教養課程(1,2)レベルの理数分野を学んだ経験がある方

対象者

・機械学習については一通り理解したが、違った知見も深めたい方
・数値シュミレーションの面白さを知りたい方
・身近な話題について数値シミュレーションを行ってみたい方

講師プロフィール

講師:中央大学大学院物理学専攻修了
数値シミュレーション系の業務に関して、15年以上の実務経験を持つ。
現在は原子力関係の研究所で、計算機シミュレーションに用いるソフトウエア開発及び
原子力施設の安全性に関する研究に従事している。
数値シュミレーションに関しては、ソフトウエア開発->解析・実行->結果の取りまとめから
論文や学会での発表まで一気通貫で行っている。


サブ講師:名古屋市立大学大学院確率論専攻修了
大学院で時系列モデル研究を行った後に、複数企業でデータサイエンティストとしてデータ
分析業務に携わった経験を持ち、現在も大手人材会社において分析業務に携わる。
理論周りに強く、一からアルゴリズムを組み立てることができる。

当日のお持物

Mac or Windows PCを持参のこと。
R Studioをインストールしてきてください。

領収書

領収書の発行も可能ですのでご希望の方はその旨お申し付けいただければと思います。
(事務手数料として、追加1000円を含んだ金額でのお支払いと発行とさせていただきます。)

備考

・どうしても都合の合わない日程がある場合は個別でフォローアップ会を実施しますので、半分以上出席
できる方は気軽にご相談いただけますと嬉しいです。

・半分も出れないという方も教材ベースの自習中心でよければ同内容、同金額で個別指導を行えればと
考えていますので、気軽にお問い合わせいただけますと嬉しいです。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/07/21(土)
13:00〜15:00
参加者
1人 / 定員5人
会場
水道橋付近
千代田区西神田2-7-14 YS西神田ビル2F

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。