TOP

【Swift】収入UPのための実践的iOSアプリ開発勉強会 ~プレ説明会~

【Swift】収入UPのための実践的iOSアプリ開発勉強会 ~プレ説明会~

参加枠申込種別参加費定員
1
先着順 無料 3人 / 定員20人

イベント内容

★はじめに★

iOSアプリ、日本でのシェア率、あなたはご存知ですか?
実は、2017年ではそのシェア率は68.6%とあるとも言われています。

iOS開発は、誕生初期はObjective-Cというプログラミング言語が使われてきました。
ところが、2014年6月にAppleからSwiftという言語が発表されてから、徐々にシフトしていき、
今では、iOS開発といえばSwiftという認識だといっても過言ではないと思います。

開発自体もXcode(エックスコード)という無料の統合開発環境 (IDE)があるため、
Macのパソコンさえあれば、誰でも取り組むことができます。

ロゴ画像

★Swiftエンジニアの魅力と世の中の推移★

iOSアプリ開発で使われる言語には、Object-CとSwiftがありますが、
その中で、キャリアアップ、年収アップを狙うなら、断然、Swiftエンジニアが有利です。


その1 年収について


いくつか過去の統計データを調べていくと、
2017年 IT/通信 平均年収 466万円 なのに対して、
2017年 Swift 平均年収  562万円 となっています。

また、Swiftエンジニアの年収は、例えば開発経験10年の38歳の方は年収1300万円、
入社8年目の方は1200万円と総じて高めというデータもあります。


その2 今後の需要拡大傾向


Swift エンジニアは、自社のアプリ開発用求人が多いです。
Mac製品が拡大すれば、Swiftのマーケットも拡大し、自然と仕事の需要も増加していきます。

2015年のデータでは、開発元がフリーランスに求めたプログラミング言語の増加率で
Objective-C は 138% と微増という結果だったのに対し、Swiftは1位(前年比600%増)
という著しい成長をみせました。
2016年にSwiftの案件数は若干、減ったものの、年内での案件・求人数の変動が小さく
年間を通して安定したニーズがありました。


その3 キャリアアップに有利


開発経験のあるSwiftエンジニアが少ないせいか、各企業は積極的にマネージャーやプランナークラスの
上流工程を任せられる人を求めている傾向にあるようです。

将来のスキル、高年収を狙うならSwiftエンジアとして上流工程の業務経験は貴重な機会となるでしょう。


ロゴ画像

★本当のプロに学んだことはありますか?★

では、これから本格的にiOS開発に取りかかろうと考えたとき、
あなたは、どんな勉強法を選びますか?

よく、「巨人の肩に乗れ」なんて言葉がありますが、これって
結構、大事なことだと思いませんか?

プログラムの世界はすさまじい速さで加速しています。
せっかく学ぶのであれば、教科書だけでなく、現場で活躍している第一人者
から、最新の開発手法から、鉄板の開発ノウハウまで、余すことなく教えて
もらえたら最高ですよね?!


ロゴ画像

★とはいえ、感じ方は千差万別★

今回、講師として「馬谷浩樹」さんという、数多くの大手企業で活躍され、
今なお、現場で現役のiOS開発をされている方に講師をして頂くことに
なりました!

この方は、海外でも活躍されたエンジニアで、日本人ではなかなか考え
つかないシンプルかつ、実践的なiOS開発を教えて頂けます。

とはいえ、学ぶほうも教えるほうも、人と人。

どんな方が、どんな教え方をするのか、事前に知っておきたいものですよね?

今回、馬谷浩樹さんご本人から、直接、お話頂きます!

・iOS開発に興味がある!

・今より、もっと収入を増やしたい!

・今より、もっと良い環境に転職したい!

・将来のために、エンジニアを目指したい!

・馬谷浩樹さんに会ってみたい!

など、少しでも興味のある方は、ぜひ、ご参加ください!!!

注意事項

会場は、国際新赤坂ビル西館8Fに入っている企業のミーティングルームを
使用する予定です。
会場準備の関係上、お申し込み後のキャンセルはご遠慮ください。
お申し込み前に、スケジュールのご確認を是非、お願い申し上げます。
本イベントは終了しました
2018/07/18(水)
19:00〜21:00
本イベントは終了しました
参加者
3人 / 定員20人
会場
国際新赤坂ビル西館8F
〒107-0052 東京都港区赤坂6-1-20(国際新赤坂ビル西館) 8F

グループ

主催

PlayGround

フォロワー22人
フォローする