Containers Do Not Need Network Stacks

イベント内容

概要

Containers Do Not Need Network Stacks

話者

中村 遼 (東京大学)

概要

コンテナ仮想化は、ポータビリティやオーバーヘッドの小ささから、Microservice architectureやServerless computingなど、新しいコンピューティング環境を可能にしました。コンテナは、分離された名前空間であり、独立したネットワークスタックを持ちます。ネットワークにおいて独立した複数の要素を繋ぐとき、伝統的に、インターフェースとリンクという抽象化を用いてきました。これは物理環境でも、仮想マシンでも、そしてコンテナでも同様です。しかしコンテナ仮想化において、この抽象化は最善なのでしょうか。実際、コンテナ環境ではネットワーク性能が低下することが知られています。 本研究は、コンテナとホスト間の新しいデータ通信チャンネルとしてソケットレイヤーを用いる、Socket Graftingを提案します。Socket Graftingでは、コンテナ内で作成されたソケットはホストに作成されたソケットに接ぎ木され、コンテナ上のアプリケーションはホストのネットワークスタックを使って通信します。その結果、コンテナ内のネットワークスタックや仮想インターフェースはバイパスされ、ネットワーク性能の低下が抑制されます。本発表では、Socket Graftingとその実装である新しいソケットアドレスファミリ(AF_GRAFT)、そしてLD_PRELOADによる既存のアプリケーションを用いた評価実験の結果についてお話します。

2018年10月16日(火) 18:00 (17:45 開場予定、19:30頃終了予定)

場所

株式会社インターネットイニシアティブ 13階 Cantata

会場について

受付

  • 入館には受付が必要になります。飯田橋グラン・ブルーム2階受付階に専用窓口を開設しますので、スタッフにお声がけください。受付開始は17:45を予定しています。
  • 遅れて到着された場合、窓口にスタッフがいないことがあります。受付に電話番号を記載した案内板を置いておきますので、電話にてご連絡ください。

退場

  • お帰りの際にカードキーを回収します。受付でお渡ししたカードキーを会議室出口に待機しているスタッフにご返却くださるようお願いします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。