TOP

NODE-Setagaya#12 2014.07

イベント内容

Ansible x Github で Infrastructure as Code を体感しよう

NODE-Setagayaについて

この勉強会シリーズでは、主にインフラエンジニア向けに
月一くらいのペースで小さくディスカッションを交えつつも
自分たちのスキルアップに繋げられたらいいな
という感じでやっている勉強会です。

ネタ

Python製サーバProvisioningツールAnsibleGithubPull Requestフローを使って
Infrastructure as Code をみんなで体験してみようという試みです。

概要

今回はスライド発表ではなく、完全にハンズオン。
当日の予定は以下の通りです。

  1. Ansibleの基本的な環境構築方法、使い方を確認
  2. Githubレポジトリでplaybookの管理を行い、みんなでフォークする。
  3. お題の構成のサーバを作るべく参加者同士でプルリクエストフローで完成品をみんなで作っていく。

なお、当日使うGihubレポジトリは公開のものを利用します。(当日までに用意しておきます)

ちなみにおわったら近くに焼き肉にでも行く予定です。

参加費用

1,000円程度を想定していますが、会場費用を参加者で割り勘する関係で前後する場合があります。
ご了承ください。

事前準備

今回はスムーズにハンズオンに入れるように以下の準備をおねがいします!

  • Ansible最新版が使える環境を整備
  • 動作確認の際にあると便利なので、vagrant 環境の準備
  • gitが使える環境
  • 持っていない人はGithubアカウントの作成(公開鍵の登録までやって試しに1つレポジトリを作ってみるのが良いと思います)

また以下のエントリを確認していただくと当日話についていきやすいと思います。

参加者
6人 /定員8人
申込先
会場
貸し会議室NOAH駒沢店
東京都世田谷区上馬4-2-7 上馬ノアビル 7F

注目のイベント

タグに関連するイベント

2018/06/20(水) 19:30 〜 21:50
東京都
2018/05/23(水) 19:30 〜 21:30
鹿児島県
2018/05/28(月) 19:30 〜 21:30
東京都

コラム

イベント

最先端ディープランニング活用事例大集合! - Deep Learningオールスターズ2017 -

2017年6月25日13時より「Deep Learningオールスターズ2017」が開催されました。 本イベントは様々な領域...
827 views
イベント

「SREは事業の成長を支える鍵に」ランサーズの多角化を後押しした施策まとめ

あのGoogleが最初に提唱した、Webサイトの安定性と信頼性を高めるインフラ構築の新手法ーー。そんな説明は...
335 views
インタビュー

Interview with event participants

Here at Tokyo Tech Startups event, early-stage startups are able to present their business ideas, se...
122 views