Space Apps Challenge Tokyo 2018 Hackathon

イベント内容

Space Apps Challenge Tokyo 2018の募集ページです。

10月20日(土)と21日(日)の2日間で行われるハッカソン「Space Apps Challenge Tokyo 2018」参加申し込みページです。

今年のテーマは「地球と宇宙」

毎年NASAから課題が提示されます。今年は、「横浜クイズ協会」にご協力いただき、わかりやすく翻訳していただきました。

チャレンジカテゴリー

【Space Apps Challenge とは?】

Space Apps Challenge(スペースアップスチャレンジ) は米国航空宇宙局(NASA)や、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが公開している宇宙・地球環境・衛星関連のデータを使ったハッカソンです。2012年から毎年4月に世界中で行われています。 7回目を迎える今年は全国8拠点で開催されます。本イベントは東京会場です。

エントリーの詳細については、スケジュールの後に記載いたしますのでよく読んだ上でエントリーお願いいたします。

また、イベントの内容の詳細は、以下のFBグループでもどんどん公開していきますので、ご興味ある方は是非ご参加ください

Space Apps Challenge 2018 東京会場

開発スケジュール(予定)

東京会場の開発スケジュールは以下を予定しています。当日までに随時アップデートしていきますので、connpassの更新情報または 参加者用のFacebookイベントページ をご確認ください。

【2018年10月20日(土)Day1】

時間 内容
09:30 - 10:00 受付(LODGE 18F受付にお越しください)
10:00 - 10:15 主催挨拶&ハッカソン開催背景説明
10:15 - 10:30 各チームから60秒でアイディア共有
10:30 - 11:00 チームビルディング(準備OKのチームから開発スタート)
11:00 - 20:30 開発タイム
20:30 - 21:00 片付け、完全撤収

Day1の会場での開発はここまで。各自帰宅または別の場所での開発を継続してください。

【2018年10月21日(日)Day2】

時間 内容
09:00 - 10:00 会場オープン
10:00 - 15:00 開発終了
15:30 - 16:30 発表
16:30 - 17:00 審査およびタッチ&トライ
17:00 - 17:30 審査発表
17:30 - 19:00 懇親会(参加費1000円、当日参加可否確認いたします)
19:00 解散

会場へのアクセス方法

アクセス

エントリー方法

東京会場の定員は60名、先着順です。参加者全員が申し込む必要があります。

あらかじめチームが決まっている場合は、アンケートにチーム名をご記入ください。なお、チーム人数の上限は5名を推奨します。6名以上となった場合、他のチームと一緒のテーブルになる可能性があります。あらかじめご了承ください。

個人参加の方は、ハッカソン当日にチームビルディングの時間を用意します。

エントリー時のアンケート項目 「申し込む」ボタンをおした後に出てくるアンケートが出てきます。いずれも必須ではありませんが、事前にご確認の上お申し込みください。

チーム名 あらかじめチームが決まっている場合のみご記入ください。

協賛・協力

(協力団体)
株式会社うちゅう
Elysian Association
株式会社シードハウス
株式会社ジェイシーエヌ
Startup Hub Tokyo
Django Girls Japan
日本アイ・ビー・エム株式会社
株式会社HackCamp
NPO法人まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.
株式会社miura-ori lab
もうやんカレー株式会社
モジャモジャジャンクション株式会社
ヤフー株式会社
横浜クイズ協会
一般社団法人リンクデータ
JellyWare株式会社
(後援団体)
LODチャレンジ実行委員会

※順不同 敬称略

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント