NIPS+読み会・関西 #7

イベント内容

NIPS+読み会・関西 #7

主催:NIPS読み会・関西,立命館大学情報理工学部創発システム研究室
共催:科研費・新学術領域研究「人工知能と脳科学の対照と融合」
日時:2018年11月11日(日) 13:30-17:30
場所:立命館大学 大阪茨木キャンパス(OIC) B棟4階 リサーチオフィス研究会室2

概要

機械学習に関わる研究者,エンジニア,学生間で,最新の機械学習の研究動向を把握,共有することを目指します.5~6人の発表者が,近年のNIPS論文+@(ICLR, CVPRなど)の中から,それぞれ1つずつ論文をピックアップし,持ち時間20~25分でその概要の紹介を行い,その後にさらに5分を使って,その論文の内容について会場を交えてディスカッションを行います.

論文

機械学習の基礎・応用(分野問わず)を扱う論文を対象とします.
国際会議の例: NIPS, ICML, ICLR, AAAI, IJCAI, CoRL, CVPR, IROS, ICRA

タイムスケジュール

時間 発表者 タイトル
13:00 - 13:25 開場
13:25 - 13:00 オープニング
13:30 - 14:00 発表1 内部英治(ATR) Temporal Difference Models: Model-Free Deep RL for Model-Based Control, ICLR2018
14:00 - 14:30 発表2 小林京一郎(阪大) Maximum Causal Tsallis Entropy Imitation Learning
14:30 - 15:00 発表3 立川和樹(阪大) Sanity Checks for Saliency Maps, A Theoretical Explanation for Perplexing Behaviors of Backpropagation-based Visualization
15:00 - 15:30 休憩・ディスカッション
15:30 - 16:00 発表4 内部英治(ATR) Can AI predict animal movements? Filling gaps in animal trajectories using inverse reinforcement learning, Ecosphere, Modeling sensory-motor decisions in natural behavior, PLoS Comp. Biol.
16:00 - 16:30 発表5 品川政太朗 (NAIST/RIKEN) Generating Informative and Diverse Conversational Responses via Adversarial Information Maximization (NIPS2018) [発表スライド]
16:30 - 17:00 発表6 TBD TBD
17:00 - 17:30 閉会・ディスカッション

発表希望者が多ければ発表4はキャンセルします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント