さくらの夕べ IoT事始めナイト

イベント内容

概要

様々なセンサーが手に入るようになり、身の回りのセンシングデータも安価に収集できるようになりました。加えて、Node-REDのように、データの取扱いを判りやすく定義できるツールも充実しています。 今、改めてIoTを始めてみませんか。

今回は業務シーンでのIoTデータの活用をイメージした入門編です。 sakura.io(さくらアイオー)や、IBM Cloud、Node-REDを活用したサンプルデモを交えつつ、IoTの開発の本質部分を学んでいきます。

アジェンダ

1. Node-REDとWatson IoT Platformでデータ可視化

発表者: IBM Developer Advocate Tokyo City Team 萩野 泰士

具体的なシナリオとして、工場のライン管理でのセンサー活用の可能性を意識したプロトタイピングをしてみましょう。 工場内センサーを仮想デバイスとしてNode-REDに実装し、対象デバイスの監視や、センサーデータを可視化するアプリケーションの作り方を解説します。

2. sakura.io & Node-REDで作る低コストなIoTサービス

発表者: さくらインターネット IoTチーム 西田 有騎

デバイスとクラウドを安全かつ安価に繋ぐIoTプラットフォーム「sakura.io」を使った簡単なサービス作成を踏まえながら、ツールの活用がどのようにIoTサービス開発のコスト低減に効くのかを解説します。

3.Ask the Expert

会場参加者の皆さまのご質問をお受けします。

開催日時・場所

開催日時

  • 2018年12月5日(水) 19:00~20:30(18:30開場)

会場

  • 会場 さくらインターネット 西新宿セミナールーム
  • 住所 東京都新宿区西新宿4-33-4 住友不動産西新宿ビル4号館 6F

※ 注意 さくらインターネット「東京支社ではありません」

参加にあたっては

  • 受講票(connpass発行)をお持ちください。

費用

  • 無料

この勉強会について

  • 主催:さくらインターネット株式会社
  • 協賛:日本アイ・ビー・エム株式会社

その他

  • ハッシュタグ #さくらの夕べ
  • 会場内は飲食可能です。
  • 無線 LAN をご利用いただけます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。