企業のデジタル改革を加速させるアジャイル開発 ~エンタープライズでアジャイル&DevOpsを実現する

イベント内容

【概要】
企業のデジタル改革が進む中、従来型のSIのやり方では全く歯が立たない、大規模エンタープライズのアジャイル案件にどう対応すべきか?

東京一極でコントロールされるデリバリーでは無く、地域をまたいだマルチプレイスのメンバが、『自己組織化チーム』としてつながり、コワークする新しい働き方の考え方がそこにはあります。
急速に立ち上がる案件を、地域をまたいだマルチプレイスチームで、どのように、アジャイルかつDevOps前提で推進するのか、様々な事例をベースにノウハウをご紹介していきます。

アクセンチュアが東京で数多く開催してきた好評無料勉強会「Accenture Tech University」の関西での初開催となります。皆さまお気軽にお申込みください!

【登壇者】

Accenture Technology
マネジング・ディレクター
山根 圭輔
金融機関を中心に、エマージングテクノロジー及びプロジェクトマネジメントのスペシャリストとしてコンサルティング&デリバリーを実施。テクノロジーはエンタープライズアーキテクチャからFinTech分野にわたり、プロジェクトマネジメントは大規模統合プログラムマネジメントからアジャイルデリバリーまで幅広く推進する。現在、アクセンチュア ジャパンにおける、FinTech & NEW-ITリードを務める。



Accenture Digital
マネジング・ディレクター
丹羽 雅彦
アクセンチュアのモバイルサービス部門の統括責任者。
小売業、金融業、通信業、製造業、エンターテイメント業など幅広い業種に対して、スマホ、タブレット、ウェアラブルなどモバイルデバイスを活用した新規サービスや業務改革の企画・システム構築に従事。


【タイムスケジュール】

時間 内容
18:30〜19:00受付
19:00〜19:10オープニング
19:10〜19:40アクセンチュア・テクノロジー集団のなかみ、みせます。
~Digital Deliveryを支えるFuture of Work大解剖!~

急速に立ち上がるデジタル・アジャイル案件に、アクセンチュアはどのように対応しているか?アクセンチュア独自の専門家集団とテクノロジーアーキテクト、SCRUMチームがタッグを組んだ、新時代の組織が中心になり、日々変化を遂げつつ成長しています。東京一極でコントロールされるデリバリーでは無く、関西・会津・北海道・中国(大連・上海)・インド・フィリピンが、『自己組織化チーム』としてつながり、コワークする、『Liquid Work Force/Liquid Work Style』という新しい働き方の核がそこにあります。我々のデジタル時代に向けたチャレンジ全体をご紹介します。
19:40〜20:10エンタープライズで、アジャイル&DevOpsを実現する。
~ADOP: Accenture DevOps Platformを武器に~

アジャイル開発や、DevOps導入って簡単なんです。。。但し、小さなチームであれば。。 大規模エンタープライズの案件を、地域をまたいだマルチプレイスチーム『Liquid Work Force/Liquid Work Style』で、どうやって、アジャイルかつDevOps前提で推進するのか?? これを実現する専門チームDevOps CoE(Center of Excellence)とそのアセットであり、オープンソースのベストプラクティスである、ADOP: Accenture DevOps Platformを紹介します。
20:10〜20:40デジタル時代を生き抜く
〜企業と人が時代の荒波を乗り越えるためにすべきこと

新たなテクノロジーが次々と生まれる中、あらゆるものがつながり、企業や人の行動もデジタル化されることで、ビジネスの形も大きく変わっています。本セッションでは、それらテクノロジーの本質的な価値を見極め、いかにビジネスに活かしていくべきか、事例を交えて解説します。
20:40〜21:30Q&A & 懇親会
※ 当日予告なく時間配分、内容が変更になる可能性がございます。
※ 当日はメディア取材が入る可能性がございます。

【参加対象】
•エンジニア/コンサルタントの方

【持ち物】
•お名刺1枚

【参加費】
無料

【主催】
Accenture Technology


注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。