OSS Gate Fukuoka

イベント内容

「オープンソースソフトウェア(OSS)の開発に参加する」を実際に体験するためのワークショップです。 「福岡市内にOSSに関わるプログラマーが増えるとイイネ!」ってことで企画しています。

2019年1月15日[火]と17日[木]の夜に開催します。両日とも参加できる方のみお申込みをお願いします。

(イベント写真: https://www.flickr.com/photos/whita/11670781643/

開催場所

1日目と2日目で開催場所が違いますので、ご注意ください!ガチで。

2019年1月15日[火] 19:00から

G's BASE: 福岡県福岡市中央区大名1-3-41 プリオ大名1F

2019年1月17日[木] 19:00から

ヌーラボ セミナールーム: 福岡県福岡市中央区大名1丁目8-6

「ビギナー」と「サポーター」を募集しています。

「ビギナー」とは次のような人です

  • OSSの開発に参加したいけどまだ参加したことがない人
  • OSSの開発に参加したことはあるけどまだ自信がない人

「サポーター」とは次のような人です

  • OSSの開発に参加している人
  • 「ビギナー」をサポートしたい!と思っている人

「ビギナー」の定員は「サポーター」の人数によって決まります。「サポーター」の登録数が増えると定員も増えるので、キャンセル待ちになっていても気にせず登録してください。

事前準備

事前にGitHubのアカウントを取得しておいてください。 「ビギナー」は、当日どのOSSを扱いたいのか、普段使っているOSSで気になっているものはないか、少し考えてくるととっつきやすいかも知れません。もちろん、当日になってから決めても問題ありません。

当日持ってくるもの

OSSの開発に使えるノートパソコンを持ってきてください。「OSSの開発に使えるノートパソコン」というのは次のようなノートパソコンです。

  • バージョン管理システム(GitクライアントやSubversionクライアントなど)をインストール済み
  • GitHubにログインできる状態になっている
  • 開発に使うプログラミング言語の処理系(コンパイラーやインタプリターなど)をインストール済み
  • 開発に使うエディターをインストール済み

などなど

準備で困った・不安なことがあるという人はチャットの gitter で相談してください。

OSS Gate について

「OSS Gate」は、OSS開発に参加する「入り口」を提供する取り組みです。

OSS開発に未参加の人を参加する人へ、少し参加したことがある人を継続的に参加する人へ。そうやってOSS開発に参加する人を継続的に増やしていく。それが「OSS Gate」の目的です。

OSS Gateについて』より

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。