TOP

【あと3名!募集中】 京都の冬を乗り切るウェアラブルデバイスをつくる4週間

イベント内容

【第3回KMGハッカソン】 京都の冬を乗り切るウェアラブルデバイスをつくる4週間

京都の冬は寒い・・・。自転車に乗っているときはもちろん、公園に遊びに行ったり、散歩をしたりすれば、冬の寒さが身に染みる。でも冬は寒いだけじゃないんです!澄み切った空や、温かい鍋の美味しさ、クリスマスやお正月といったイベントが目白押し。冬は楽しみと苦しみが共存する季節です。今回のハッカソンでは、そんな「冬」をテーマにしたウエアブルデバイスをつくります。5人1チームになって、アイディア出しから、設計、試作までを一緒に行う4週間のイベントで、京都の冬を乗り切るウェアラブルデバイスをつくりましょう!

☆スケジュール☆

第1回:1月12日(土) 午前10時~午後18時  内容:アイデアソン(※)by Sushi Suzuki  イノベーションのための1つの方法論として話題の「デザイン思考」を用いてアイデア創出のワークショップを行います。またチームビルディングを行い今回のハッカソンのチーム組成を行います。     ※ アイデアソンは アイデアとマラソンを組み合わせた造語で, 新たなアイデア創発のために行うイベントや集まりのことです。

第2回:1月13日(日) 午後1時半~午後17時  内容:アイデアのブラッシュアップ by Narimasa Makino  12日(土)で議論したアイデアのブラッシュアップを行い、今回のハッカソンで取り組むビジネスアイデアを確定します。

第3回:1月19日(土) 午後10時~午後17時  内容:①ビジネスモデルの考え方 by Mick Kimura(10:00-12:00)  どのようにお金を稼ぐかを考えるのがビジネスモデルとなります。今回のアイデアをベースにどのようにお金を稼ぐかを考えます。  ②デジタルファブリケーショントレーニング by Connor(13:30-15:30)  3Dプリンターやレザーカッター等を使用するためのトレーニングを行います。

第4回:平成31年1月20日(日) 午後10時~午後17時  内容:①スタートアップが陥りやすい試作の罠by Nori Futagami(10:00-12:00)  試作には様々な観点から考察が必要です。これまで数多くの試作支援を行ってきた経験から「試作の罠」に関して講義を行います。  ②デジタルファブリケーショントレーニング by Connor(13:30-15:30)  3Dプリンターやレザーカッター等を使用するためのトレーニングを行います。   

第5回:平成31年2月 9日(土) 午後4時~午後6時  内容:Demo Day  今回のビジネスアイデア/プランを発表してもらいます。    ※ 上記の講座以外の時間で各チームに分かれて,アイデアを考え,ものづくり    を行っていただきます。

☆募集要項☆

参加人数:10人(全3チーム)

参加費 :一般 5000円      学生 3000円

参加対象:モノづくりに興味のあるメイカー、企業のソフトウェアエンジニア、モノづくりに情熱を持つハードウェアエンジニア、アイディアはあるけど実際にどう作るのか学びたい学生など、チームでのものづくりに興味のある人。

事前のヒアリングの上、主催者がチーム分けを行います。

主催:Kyoto Makers Garage

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2019/01/12(土) 10:00〜
2019/02/09(土) 18:00
参加者
3人 / 定員10人
会場
Kyoto Makers Grage
朱雀宝蔵町73−1(ライトワンビル1F)

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。