TOP

ReactNativeにゆかりのあるスタートアップが集う会

イベント内容

ReactNative勉強会

イベント概要

メイン

ReactNativeを使った開発をしているスタートアップのエンジニアがパネルディスカッション形式で話すのがメインの特別会です。

  • なんでRNを選んだの?
  • RN開発で大変なことは?
  • 実際採用苦戦してない(後悔してない?w)?

など、ReactNativeを使った開発の実情を掘り下げられる会にできればと思います。

ReactNativeにゆかりのある色んな方がいらしてくれればと思っています。

LT大会

LT枠を用意しています。 ReactNative初心者の方から技術を自慢したい方までご応募ください!

参加対象

  • 「ReactNativeを使ってなにかしたい」気持ちがある人
  • ReactNativeを使った開発経験のある人(LT大歓迎です!)
  • Javascript界隈・モバイル開発界隈のコミュニティを探してる人

などなど。気軽にご参加ください!

タイムテーブル

時間 内容
18:30 開場&受付開始
19:00 - 19:05 オープニング・会場説明
19:05 - 20:25 LT大会 (1人10分まで)
20:25 - 20:45 パネルディスカッション
20:45 - 21:30 交流会(ビール等あり)

LT大会

発表者 タイトル
14__oz AnimatedでModalのAnimationを変えてみた
Jesse Katsumata monorepoによるアプリの複数管理とrn-cli.config
misoton Animated APIを使ってスクロールで隠れる"あのバー"を作る
tkow React NativeのコードをWebアプリに再利用するための考察
TomohiroTsukui expo ejectしてみた
Yuki 2018年を振り返って~アプリ開発を始めて業務委託するまで~
YuriHotate Firebaseとalgoliaで自由度の高い音声検索アプリ作った
わたなべゆう react-navigation v2 to v3

パネルディスカッション

React Nativeを使ってサービスを開発している方々をパネラーに迎え、
・なぜReact Nativeを採用した?
・React Nativeのつらみは?
・テストってどうしてる?
...などなど、現場の生々しい声に切り込みます!!

パネラー 開発してるサービス
TomohiroTsukui (@two2q) ecbo cloak ( https://cloak.ecbo.io/ja )
YuriHotate (@yuri_htt) TeamHub ( https://tmhub.jp/ )
わたなべゆう (@hmktsu) Weddy Weddy ( https://www.weddyweddy.net/ )
ワダタカヒコ (@takahi5) maricuru ( https://maricuru.com )

・司会
Kang Yoosam (@kangyoosam) ワンディー株式会社COO

会場について

株式会社maricuru様に会場提供いただきました ロゴ画像 https://about.maricuru.com/

〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山 7F 会場下のインターホンで702号室を呼び出してください。

  • 代官山駅(東横線)徒歩2分
  • 中目黒駅(日比谷線・東横線)徒歩8分

です。

ReactNative勉強会について

2019年から神田・日本橋エリアで毎週ReactNative勉強会を開催します。 月に1回程度、今回のように特別会を設けて大きく開催するのでどちらでも気軽にご参加ください!

ご質問等あれば

主催者のTwitterまでDMください。 https://twitter.com/kangyoosam

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2019/01/17(木)
19:00〜21:00
参加者
26人 / 定員33人
会場
株式会社maricuruイベントスペース
東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山 7F

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。