仮想空間のビジネス活用

VR AR 3D

イベント内容

めざましい進化を遂げる VR・AR・MR・SR の技術。

巨大市場に成長しつつある今だから、
独自のビジネスアイデアを形に出来る可能性があります。

仮想空間にコンテンツを配置することで実現できる、
ヘッドマウントディスプレイによる新たな顧客体験、
ARを組み込んだアプリ開発、
Webへのバーチャルコンテンツ実装など、
新たなビジネス領域を広げるためのポイントを解説します。

技術的な視点での解説を中心に、使えるハードウェア、
開発ソフトウェアの紹介、コンテンツ制作における
デモ環境の説明や、ビジネス活用の事例をお伝えします。

現実世界でのビジネス領域の拡大に手詰まりなら、
仮想世界に目を向けて
新規プロジェクトを検討してみましょう。

講座構成(予定)

1.VR・AR・MR・SRの基礎 2.ハードウェア・ソフトウェアの紹介 3.コンテンツ制作について (開発デモ) 4.ビジネス活用事例

対象者

・ビジネスにMRを取り入れようとされている方 ・VR/AR/MRクリエイターになりたい方 ・MR関連のビジネスアイデアをお持ちの方

講師プロフィール

山地 直彰 氏

山地 直彰 氏
大阪駆動開発 co-founder
株式会社Ars Edutainment ソフトウェアエンジニア

経歴概要
3DCG領域をメインにソフトウェア開発やIT系のイベントの企画/運営等のコミュニティ活動を行っているソフトウェアエンジニア
ここ数年は3DCGやゲーム開発の流れから、AR/MR/VR等のXR分野にも手を広げ、
XRを活用した新しいソリューションの開発や開発者の拡大にも取り組んでいる

キャンセルについて

〜必ずお読みください〜

キャンセル期限は 開催の前々日 です。 お手数ですが必ず手続きをしてください。

開催前日、当日のキャンセルおよび当日の不参加は TEQSセミナー担当 06-6615-1006 へお電話にてご連絡願います。

免責事項

  1. 教育研修セミナーやイベントの開催情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について、一切の責任を負いません。
  2. 教育研修セミナーやイベントで講師、司会者、参加者、使用テキスト、資料等が提供する情報の正確性、完全性、有用性、安全性、特定目的への適合性について一切の責任を負いません。
  3. 講師や関係者の急病、天災地変、交通機関の事故やスト、電力供給停止、電話通信網の停止等の不可抗力によってセミナー・イベントが開催できなくなったことにより生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
  4. 電子メール、インターネット、PC機器、システム等の不具合により生じる直接的または間接的な損失に対し、一切責任を負いません。
  5. 教育研修セミナーやイベントにおいて受講者の受講内容の理解や技術の習得を保証するものではありません。
  6. 施設利用に関し、施設利用申込者をはじめ、施設を利用する全ての方に共通してソフト産業プラザ事業の催事など利用規約が適用されるものとします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント