ビジネスパーソン向け Python 勉強会 #7

イベント内容

当日会場に入るときの注意

!これまで神戸と大阪で開催していましたが今回は京都です!

会場はコワーキングスペース内の会議室を予定しています。会員ではない方は入れません。スタッフが 18:45-18:55 まで入り口付近に待機して誘導します。遅刻してくると参加できなくなるためご注意ください。

概要

インプレスから出版されている できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。 の著者の1人が主催しています。

以下に本書の詳細な目次があります。

情報交換できるように bizpy slack を開設しました。興味がある方はこちらからご参加ください。

出版を記念して本書の対象読者であるビジネスパーソン向けに勉強会を開催します。隔週ぐらいの頻度で何回か勉強会を開催する予定です。

目的: 本書の宣伝と読者サポート

出版社からビジネスパーソン向けに書いてほしいという企画で構成を練り執筆しました。しかし、実際にビジネスパーソンのニーズに応える内容であったかどうか、本当のところ、著者にはわかりません。本勉強会を通して著者が読者層のビジネスパーソンの現場感や要望などを知る機会になればと考えています。

また本書の読者でわからないところや相談したいところがあればサポートできるような場にしたいと考えています。

内容

本書の内容をベースに参加者の質問や疑問にお答えしたり、解決方法を一緒に考え、その内容をみんなで共有するワークショップに近い形を想定しています。本書の内容ではなくても自身の日常業務で困っていることや自動化したいことについての相談などでも構いません。個人レベルでビジネスの現場で役立ちそうなことであれば題材はなんでも構いません。

参加者からの質問や相談がとくにないときは、本書から参加者が興味のある章節を選択してそのサンプルコードの解説を行います。

対象とする参加者

本書の読者層である以下のような方々を想定しています。

  • 非 IT エンジニア系の職種の方
  • プログラミングを学び初めて経験の浅い方
  • 本書の内容 (目次) をざっと眺めてみて興味や関心をもてる方
  • Python を使って業務の一部を自動化したいと考えている方
  • 独学で Python を勉強していてプログラミングの相談をしたい方
  • Python の入門本を読み終えて次に何を勉強していいか迷っている方

本書を購入していなくても上記の方であればどなたでもご参加できます。

ビジネスパーソン向けを対象としているため、現職のプログラマーや IT エンジニアの方向けではありません。現職のプログラマーや IT エンジニアが参加されても知っていることばかりで得られるものはないと思います。

参加条件

勉強会では Python のインストールや環境構築については扱いません。

必ず自分のマシンに Python をインストールして動かせる状態でご参加ください。

Python をインストールするための参考情報

バージョンは Anaconda 2019.03 の Python 3.7 version を選択します。

補足

  • 下のフィードに書き込んでも管理者へ通知は送られないので基本的に気付きません。右サイドバーの「イベントへのお問い合わせ」から質問をするようにお願いします。

Copyright

atsushi nishio 氏の作品をイベント画像に使っています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント