Oracle Groundbreakers APAC 2019 Tour in Tokyo

イベント内容

Oracle Groundbreakers が今年も日本でセミナー開催!

様々な先進テクノロジーに精通するエキスパートエンジニア "Oracle Groudbreakers" 、および社外のコミュニティ・リーダー "Oracle Groundbreaker Ambassadors"を招いてセミナーを開催!

1セッションのみの参加でも もちろんOK!

今回は GraalVM、コンテナ/Kubernetes、OCI - Azure 相互接続などをテーマにセッションを構成。
それぞれ海外からのエキスパートと、日本からのエキスパートが登壇。
またとない機会のセミナーとなりますので、お気軽にお仲間お誘い合わせの上、ご参加ください。

本イベントは、"Oracle Groundbreakers APAC Tour 2019" http://www.apacouc.org/apac-groundbreakers-tour.html の東京開催の回です。
ツアーは、アジア・パシフィック地域の9都市を巡って開催される予定です。

*一部セッションに関して、通訳はありませんので、ご了解ください。
*日本語セッションもあります。
*内容が変更になる場合があります、予めご了承ください。

タイムスケジュール

午前の部 Track-A

時間 タイトル/概要 登壇者
10:00-10:30 受付 -
10:30-10:40 オープニング -
10:40-11:25 [A-1] How to transform WebLogic into a container and cloud native platform
Containerization of a traditional platform such as WebLogic needs a mindshift of how applications should be developed an how existing domains can be transformed to a managed Kubernetes Docker platform. WebLogic Deploy Tool provides some strong capabilities for getting your WebLogic domain migrated to Kubernetes such as Domain introspection to create a model, a yaml file of your entire domain to implement as a container style platform and customize them to get “Kubernetes ready” and creating of WebLogic domain docker images. The session will cover everything needed for such a huge transormation with Container pipelines, Helm charts and Oracle Kubernetes Engine(OKE) and all thats needed for this transformation
Michel Schildmeijer
11:25-11:35 休憩 -
11:35-12:20 [A-2] Developing Microservices with .NET Core and Kubernetes
.NET Core is a popular cross-platform technology useful for developing microservices that leverage docker containers, while Kubernetes is a platform for managing containerized workloads and services that facilitates configuration and automation. In this session we will show how to get started developing microservices using .NET Core and deploy into a Kubernetes environment in the cloud using Oracle Container Engine for Kubernetes. We'll point out the latest tips and tricks and also alert you to gotchas to watch out for.
Christian Shay
12:20-13:30 ランチタイム 軽食をご用意致します

午後の部 Track-A

時間 タイトル/概要 登壇者
13:30-14:15 [A-3] 日本語セッション
lnterconnect Microsoft Azure and Oracle Cloud
OracleとMicrosoftは、2019年6月5日にOCIとAzureの相互接続サービスを発表しました。このセッションでは、以下について説明します。
- それぞれの特徴
- 相互接続の利点
- ユースケース
- 相互接続の手順
Maaya Ishida
14:15-14:30 休憩 -
14:30-15:15 [A-4] Using Azure with Oracle Autonomous Database
If you deploy your applications on Azure, you can now connect them to Oracle Database Cloud with improved interoperability and performance. Oracle and Microsoft recently announced a cloud partnership that enables our mutual customers to migrate and run mission-critical enterprise workloads across Microsoft Azure and Oracle Cloud. In this session, I will demonstrate how to deploy your applications to Azure App Service (Platform as a Service) and Azure Virtual Machines (Infrastructure as a Service ), then connect those apps to Oracle Autonomous Database seamlessly.
Christian Shay
15:15-15:30 休憩 -
15:30-16:15 [A-5] 日本語セッション
Introduction to GraalVM
GraalVMは普遍的な仮想マシンです。 GraalVMは、JVMベースの言語だけでなく、JavaScript、Ruby、LLVMベースの言語など、いくつかの言語で記述されたアプリケーションを実行できます。 さらに、GraalVMはアプリケーションをネイティブイメージにコンパイルできます。このセッションでは、GraalVMを紹介し、GraalVMの構造を説明します。
Koichi Sakata
16:15-16:30 休憩 -
16:30-17:15 [A-6] 日本語セッション
Let’s Have Fun with Reactive Programming, Using Reactor and WebFlux
リアクティブ・プログラミングは、IoTまたはストリーミング処理向けのJavaの次の大きなトレンドです。 ReactorとRxJavaは、健全な数のAPIを提供するリアクティブプログラミングの上位2つのライブラリです。 このBOFセッションの講演者のような古いスタイルのJavaプログラマーは、Java 8でStream APIを習得するのに苦労しており、リアクティブプログラミングのために多くを学ばなければなりません。 このセッションでは、ReactorとSpring WebFluxを使用してコードを記述する方法を説明し、リアクティブプログラミング、文法、およびいくつかの一般的な使用APIの基本概念を提供しますが、なぜ学習する必要があるかについては説明しません。 ビジネストークなしでリアクティブプログラミングを楽しく学習しましょう。
Shin Tanimoto
17:15-17:25 クロージング -

午後の部 Track-B

時間 タイトル 登壇者
13:30-14:15 [B-3] Oracle Exadata: What's New and What's Coming
The Oracle Exadata architecture is being transformed to provide the world's most advanced cloud and in-memory functionality for both online transaction processing and analytics using the latest technologies. This session provides an overview of current and future Exadata capabilities, including disruptive in-memory, public cloud, and Oracle Cloud at Customer technologies
Gavin Parish
14:15-14:30 休憩 -
14:30-15:15 [B-4] Replacing NoSQL Caches with SQL for better performance
Interested in the promise of low latency, scalability and high availability from technologies such as Cassandra, CouchBase, MongoDB and AeroSpike? Learn how huge companies are replacing those 'free' NoSQL technologies with a SQL database for lower latency, higher throughout and ACID transactions. This talk looks at case studies and the technical details of using Oracle Application Tier Database Cache. See demos in a VM and in the Oracle Cloud.
Douglas Hood
15:15-15:30 休憩 -
15:30-16:15 [B-5] The Silence of the Lambs: Promoting and Inspecting Source Code and Binaries in Continuous Delivery
This session discusses concepts and integrates latest DevOps enabler platforms and tools to inspect source code and its packaged Docker images as part of a holistic Continuous Delivery pipeline, from Git push with/toward Oracle Cloud. The comprehensive, interactive live demo is derived from couple of real-world success stories.
Michael Huttermann
16:15-16:30 休憩 -
16:30-17:15 [B-6] 日本語セッション
JDK Mission Control: Where We Are, Where We Are Going
JDK Mission Controlの最近のオープンソース化により、Java Mission ControlとJava Flight Recorderに対する関心がこれまで以上に高まっています。 多くの変更が加えられましたが、これらのツールは、開発中および実稼働中の両方で、Javaの問題のデバッグとトラブルシューティングの最前線に残っています。 このセッションでは、これらの最近の変更、以前のバージョンからの移行、およびJDK Mission Controlコミュニティの将来の計画について説明します。
David Buck
- ※Track-A会場でクロージング -

運営からのお願い

参加方法

オラクル青山センターの 2F ロビーからエレベーターにて直接会場(13F)までお越しください。
受付にて登録時のお名前(受講票もしくは受講番号)とご所属がわかる名刺を1枚ご提示いただきますよう、ご協力をお願いします。 *下記「プライバシーポリシー」のご確認をお願いします。

受付方法

当日は、多くの方にお越しいただく予定となっております。
できる限りスムーズにご案内できればと思っておりますので、受付時には、受講票とお名刺(1枚)をご提示くださいますようご協力をお願いします。
お名刺を忘れられた場合もしくは学生さんの場合は芳名帳への記入にご協力をお願いします。

プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて

https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html
*当日、お名刺を提示いただいた段階で、最終同意をいただいたものとします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

OCIJP #3

東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

17:30 〜21:30

connpass

11月 19 TUE