Alexaスマートホームスキルハンズオン(Echo実機から家電を操作しよう

2019/10/12(土)14:00 〜 17:30 開催
ブックマーク

イベント内容

はじめに

日本でもアマゾンエコーがリリースされましたが、「Alexaは聞いたことあるけどよくわからない」「Alexaスマートホームスキル開発したいけど何からはじめていいかわからない」「赤外線スマートリモコンってマイコンで作れるらしいけどどうやってやるの?」こんな声をよく聞きます。

そこで実際にアマゾンエコーの実機(Amazon Echo Spot)、Arduino Unoボード、ESP32開発ボード、AWS IoT、IoTプロトタイピング用OSのMongoose OSを使ってAlexaを体感できるイベントを企画しました。ハンズオンでは、お手持ちの赤外線リモコンをArduinoで学習させ、ESP32を接続し、Alexaのスマートホームスキルから家電を操作できるスマートリモコンを作成します。使用した開発ボードやスマートリモコンはすべてお持ち帰りできますのでふるってご参加ください! なお、リモコンはAWS IoT経由で動作するので、簡単にLambdaやAlexaから操作できます。

なお、時間内に完成できなかった方は次回以降のハンズオンに再度無料で参加いただけます。

トップ画像

対象となる方

  • Alexaについて知りたい方
  • Alexaスキルに興味に興味はあるけど、何から始めればいいかわからない方
  • アマゾンエコーを使ってクラウド経由でIoTデバイスと連携してみたい方
  • ASK(Alexa Skills Kit)やAVS(Alexa Voice Service)に興味のある方
  • Arduino UnoとESP32を連携してみたい方
  • スマートリモコンを自作してみたい方
  • 音声制御のIoTプロトタイプを迅速に作りたい方

イベント内容

レクチャーとハンズオンの2部構成です。

レクチャー

  • アマゾンエコー、ASK、AVS、AWS Lambdaを解説し、Alexaスキル開発に必要な要素の理解を深めます。
  • Arduino、ESP32、電子工作部品、MQTT、AWS、AWS IoTを解説し、マイコン、電子工作、通信プロトコル、クラウドサービスの理解を深めます。
  • ESP32をJavaScriptで制御できるIoTプロトタイピング用OSのMongooseOSの解説を行います(日本初!)。
  • Mongoose OS APIおよびC/JavaScriptソースコードの解説を行います。
  • アマゾンエコーの声での起動、およびスキル起動のための英語発音のTipsをお伝えします(英語でスキル開発をされたい方向け)。

レクチャー画像

ハンズオン

  • 前半はお持ちいただいた赤外線リモコンをArduino Unoで学習(使用)させます
  • 後半はご自分のAWSおよびDeveloperアカウントを使ってESP32と連動するAlexaスキルの開発を行います。さらにAmazon Echo Dotの実機をおひとり1台使ってスキルが動くかのテスト、およびArduinoとESP32を接続し、AWS IoTから操作できるスマートリモコンを完成させます。

ハンズオン画像

獲得できるIoTスキル

  1. Alexaスキル開発の知識
  2. Alexaスキル(スマートホームスキル)によるマイコンの制御の知識
  3. マイコン(Arduino、ESP32)の知識
  4. 赤外線リモコンの学習方法と赤外線信号の再現方法
  5. MQTTによるPublish/Subscribeの方法
  6. AWSのプロビジョニングとAWS IoTの知識
  7. ESP32、MongooseOS、AWS IoTを使ったIoTラピッドプロトタイピング技法

配布物

  • ハンズオン資料(Google Driveのドキュメントです。定期的に最新化しています。)

  • Arduino Uno互換ボード x 1

  • ESP32開発ボード(ESP32-DevKitC) x 1

  • レベル変換ボード x 1

  • マイクロUSBコード x 1

  • USB Type-Bコード x 1

  • ミニブレッドボード x 1

  • ジャンパーコードおよび赤外線LED、抵抗等の部品一式

  • IoTラボオリジナルパーツケース

参加費と持ち物

  • 9,500円(税込、テキスト・材料費含む) 

  • ノートPC(Mac、Windows、もしくはLinux)

  • 学習させたい赤外線リモコン(照明、テレビなど)

  • AWSおよびAmazon Developerアカウント(お貸し出しのEcho Spotのご利用をご希望の方で日本のAmazon.co.jpのアカウントをお持ちの方は、別のメールアドレスでAWSおよびAmazon Developerアカウントを取得ください)

開催場所

品川ハッカースペース
https://hackerspace.connpass.com/

ユーザーコミュニティ

IoTラボ Facebookコミュニティ
Internet of Things Tokyo Meetup

タイムスケジュール

順番と内容は変わる可能性があります。

時間 発表者・参加者 内容
14:00 スタッフ集合&開場
14:10 - 14:15 Steve オープニング(アマゾンエコー実機から照明やプロジェクターを操作)
14:15 - 14:20 全員 自己紹介
14:20 - 15:10 Steve レクチャー
15:10 - 15:20 休憩
15:20 - 15:50 Arduinoによる赤外線の学習
15:50 - 17:00 Alexaスキル開発とArduino/ESP32との連動
17:00 - 17:30 希望者のみ 質問・相談タイム

リンク

IoT時代におけるICT産業動向分析(総務省)
電気通信事業法等の一部を改正する法律(平成27年法律第26号)
Alexa Skills Kit
Alexa Voice Service
ESP32 Resources
ESP32 Community
Mongoose OS Installation
Mongoose OS API

主催

IoTラボ

2015年時点でインターネットにつながるIoTデバイス(モノ)の数は154億個で、2020年までにその数は倍の304億個まで増えるとされています。

このような中、個人レベルでも実際にIoTデバイスを作ったり使ったりすることを通じ、日本のIoTの活性化に貢献できればとの想いからIoTラボを立ち上げることにしました。

所在地は東京都品川区です。ご要望に応じて法人様への出張レクチャー・ハンズオンも可能です。

スタッフ

Steve
AWS認定ソリューションアーキテクト。米国の大学・大学院を卒業後(専攻はBiochemistry/Biophysics)、日本電子株式会社(JEOL)入社。電子顕微鏡やNMR、MSの販促、中国駐在、IT企画等を担当。退職後、まい泉創業者の小出千代子氏のもとでとんかつ修行、フライトスクール、世界一周旅行、Javaプログラミングスクール、ピザベンチャー立ち上げ、SIを経てメーカーへ入社。現在ICT企画を担当。2017年5月、サイドプロジェクトとしてIoTラボを立ち上げ。趣味は電子工作と家電ハック。

Albert
AWS認定ソリューションアーキテクト。国内の大学・大学院を卒業後(専攻はElectrical Engineering)、日本電気株式会社(NEC)入社。FA事業領域にて電気設計、システム設計を担当。米国駐在中はシカゴでのプロジェクトに従事。退職後はJavaプログラミングスクール、ピザベンチャー立ち上げを経てフリーランスのITエンジニアとして独立。現在各種プロジェクトに従事。2017年5月、サイドプロジェクトとしてIoTラボを立ち上げ。趣味は食べ歩き。

お問い合わせ先

support@iotlab.me
050-7128-6590

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。