Houdini Solaris & Vellum セミナー

イベント内容

セミナーの概要

来たる12月14日(土)、「Houdini Solaris & Vellum セミナー」 を開催致します。

当日は、Houdini 17 から搭載された Vellum マルチソルバおよび使用例について紹介します。さらに、株式会社コロッサス 澤田友明氏より、Houdini 18 から搭載された Solaris を使った USD ワークフローについてご紹介頂きます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

対象者

・Vellumに関心のある方
・USDワークフローに関心のある方

内容

Vellum 紹介

なぜVellumなのか
 比較的速く、簡単にセットアップが可能
 様々なシーンのシミュレーションが可能

  • 基本的な流れ
     Vellumのシミュレーションを構成する要素
     ソルバ、コンストレイント等各要素の概要の紹介
  • ノードの説明
     各要素で使用するVellumノードの紹介
     コンストレイントの設定方法
  • Vellumノードを使用したシーン毎の設定例の紹介
    • Vellum Grain
      • Vellum Cloth
      • Vellum Hair
      • Vellum Soft Bodies

Vellumソルバについて
Houdini17.0から搭載されたVellumマルチソルバは、クロス、ヘア、ソフトボディ、粒子(Grain)などのエフェクトのシミュレーションを高速化させ統合することが出来ます。OpenCLを使用しているため高速に動作し、ほぼリアルタイムで使用することが出来ます。

Solarisを使ったUSDワークフロー

  • USDの扱い方
  • Hydra Render Delegate
  • Karma
  • Renderman
  • その他

※内容に関しましては、予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。



ゲストスピーカー



株式会社コロッサス シニアデザイナー
澤田 友明 氏

広告やBtoB関係のCG制作で長年R&Dを任され、 グローバルイルミネーションレンダラーが世に登場してきた頃から、 3dsMax、Maya、その他アプリケーションのオリジナル、プラグインを問わず、様々なレンダラーの検証を行ってきた。 現在は株式会社コロッサスでCGディレクションやR&Dを行っている。

これまでAREA JAPANのコラム、ダイキン工業株式会社のArnold セミナー、VFX-JAPANのレンダリングセミナー、CGWORLDの記事執筆、ニコ生でのレンダリングセミナーや現在、コロッサスのBlogにてArnoldやKatanaの検証記事を執筆中。

株式会社コロッサス:http://cls-studio.co.jp/




主催: 株式会社インディゾーン
協賛: SideFX社

注意事項:
今回の講座は、ビデオ収録を予定しております。ビデオ収録にご同意頂ける方のみお申込みをお願い致します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。