BlockchainHub4周年記念企画第1弾『お金消滅 - 信用の新世紀』

イベント内容

株式会社ブロックチェーンハブは2020年1月に4周年を迎えます!
ご支援いただいている企業・個人の皆様に厚く御礼申し上げます。
このたび、より多くの方に弊社コミュニティに関心を持っていただくことを目的に、4周年記念イベントを開催するはこびとなりました。
本イベントはその第1弾となります。

弊社CSO(Chief Science Officer)でP2Pネットワーキング及びデジタル通貨研究の第一人者である斉藤賢爾が、ゲストをお招きし、近著「2049年「お金」消滅-貨幣なき世界の歩き方 (中公新書ラクレ)」などを題材に、ミートアップを開催いたします。
お金なき世界とは?その世界でどう生きるのか?その先に見えるものとは??

【登壇者】
斉藤 賢爾(株式会社ブロックチェーンハブ CSO)
19年以上に渡りP2Pネットワーキング及びデジタル通貨等の研究に従事。早稲田大学大学院経営管理研究科教授、慶應義塾大学SFC 研究所上席所員・環境情報学部 講師(非常勤)。一般社団法人ビヨンドブロックチェーン代表理事。一般社団法人自律分散社会フォーラム副代表理事。博士(政策・メディア)。

平野 友康(メディアクリエイター)
起業家・クリエイター。90年代後半、鴻上尚史主宰「劇団第三舞台」をプロデュースするサードステージから独立、株式会社デジタルステージを設立。アプリ開発・ラジオ・執筆・坂本龍一ライブ中 継など。VJソフト「モーションダイブ」、映像制作ソフト「フォトシネマ」、ウェブ制作ソフト「BiND」などをリリース。 グッドデザイン賞金賞をはじめ受賞歴多数。書籍に「旅する会社」 「ソーシャルメディアの夜明け」などがある。現在はハワイ在住。

得能 絵理子(株式会社スターハウス)
早稲田大学卒業後、株式会社アクティブラーニングに入社。「能動性喚起(アクティブラーニング)」をテーマに企業や教育機関で指導。日経新聞 、日経BP社のセミナーで講師を務めるなど、数百名を超える参加者も能動的に巻き込むワークショップは定評あり。2018年NHK朝イチの教育特集に出演。 また、イベントMC経験も多く、数百人集まるイベントでの司会や、エンタテイメントの パフォーマーが集まるイベントなどでも会場を巻き込むMCが人気。2018年までアクティブラーニング社で副社長を務めたが、視野 を広げるため、退任。2019年2月から(株)スターハウスに参画。

【主催】
株式会社ブロックチェーンハブ
2016年1月の創業以来、ブロックチェーン技術の検証・実証に留まらないビジネス応用に取り組んできました。2017年2月には日本初のブロックチェーンのスタートアップ創業支援拠点を設置しました。現在、Academy(教育啓発)・Collaboration(事業共創)・Incubation(創業支援)を事業の3本の柱に据えています。

【対象】
ブロックチェーンや分散型社会に関心のある方
お金に変わる新しい価値基準・信用システムに関心のある方
とにかく面白い未来を創りたくて、同志と語らいたい方

【タイムテーブル】
18:45 開場
19:00-19:05 株式会社ブロックチェーンハブのご紹介
19:05-19:15 イントロダクション「お金が消滅するってどういうこと?」(斉藤賢爾)
19:15-20:00 ワイガヤパネル「お金が消滅した世界でわたしたちはどう生きるのか?」(斉藤賢爾・平野友康)
20:00-20:30 懇親会(ワイガヤパネル継続となる場合もあります)
20:45 撤収

軽食・ドリンクをおとりいただきながらのカジュアルな会となります。
また、登壇者からの一方向型ではなく、登壇者/参加者間もしくは参加者同士での双方向型を想定しています。

【お申し込み】
connpassでも受け付けています。
https://blockchainhub.connpass.com/

【受付】
学生の方は、受付時に学生証のご提示をお願いいたします。

【キャンセルについて】
1/6(月)18:00以降のキャンセルはお受けいたしかねます。ご了承ください。

【弊社コーポレート会員のご参加】
会員事務局までご連絡ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント