『一段上のエンジニアを目指すには?』エンジニアの必須のソフトスキル・パネルディスカッション

参加枠申込形式参加費 参加者
無料参加枠
先着順 無料 4人 / 定員40人

イベント内容

『一段上のエンジニアを目指すには?』エンジニアの必須のソフトスキル・パネルディスカッション

注意!

会場は切り替えましたので明日本校コードクリサリスでお会いできるのを楽しみにしています!

開場は19:00より、スタートは19:30となります。

すぐ近いですのでぜひ皆さんのご参加をお待ちしています。

宜しくお願い致します。

概要

イベンソフトウェアエンジニアがテクノロジーを使いこなせることは当然のことで、成功するために他に重要なスキルがあります。より正確にコミュニケーションし、チームとコラボレーションし、会社や社会に価値を生み出すためには、確固としたソフトスキルが必要です。

しかしその「ソフトスキル」というのはいったい何なのでしょうか? なぜ必要なのか。どうやってそれを育むのか。

インタラクティブなパネルディスカッションを開催するのでぜひお越しください。4人のプロフェッショナルとともにこれらのアジェンダについてディスカッションしましょう。

ソフトウェアエンジニアの観点から、文化を跨いで効率的なコミュニケーション、チームワーク、フィードバックを与えまた受け入れ、共感することの重要性について議論します。

今回のイベントは質疑応答をメインとしたパネルディスカッション形式で行います。良いディスカッションとネットワーキングの場となりますので皆さん、ぜひご参加ください。

当イベントは日本語で開催いたします。 参加費無料。

タイムスケジュール

19:00~ 会場

19:30~19:40 オープニング

19:40~20:45 パネル開始

20:45~21:30 ネットワーキング

21:30 イベント終了


登壇者

新徳雅隆

コードクリサリス日本語プログラム事業責任者

日本大手SIerで大規模システム開発を経験した後、スタートアップでCTOとなり、アプリケーションをフルスクラッチで開発しました。

現在は古巣のCode Chrysalisで日本語プログラム事業責任者を務めています。
ツイッター: masataka_shin

大角佳代

株式会社メルカリエンジニア組織の人事とD&I Communityのメンバー

研修やオンボーディングを作っています。2016年から1年3ヶ月インドで働き、当時からインドビジネスに関する情報発信もしています。
ツイッター: kayoreena1021

桂康文

NTTデータ アシスタントマネージャー

東京工業大学大学院修了後、大手SIerの新規事業開発兼エンジニアとして従事。これまでASEAN地域の政府機関向けの事業開拓やシステム導入、日本政府へのAI導入コンサルティング等を担当。現在はBtoB向け新規プロダクトのPMとして事業戦略・プロダクト開発をリード。

ツイッター: @ca2la1218 


ヘザー・ドビン

コードクリサリス プログラムディレクター

ヘザーは英語指導と学術プログラムの開発を専門としています。韓国と日本で併せて8年間の指導経験があります。ヘザーは主に英語教育を通じて日本がより積極的に国際社会で活躍できるように支援をすること、異文化間コミュニケーションの推進、日本語学習、そして小説を読む事に関心を持っています。心理学、ソーシャルワーク、英文学などを大学で専攻していました。
ツイッター: hdobbin

持ち物

なし

参加費

無料

ハッシュタグ

#エンジニアのそソフトスキル

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。

詳細

日付: 2月18日(火)
時間: 19:00時〜21:30時
会場: Code Chrysalis
参加費: 無料
お申し込み: 本ページで出席をクリックしてください
当イベントは日本語で開催いたします

コードクリサリスについて
Code Chrysalis は東京を拠点としながらも、シリコンバレー精神を基盤にした12週間の短期集中型ソフトウェアエンジニア養成学校です。Code Chrysalis についてもっと知りたい方は:https://www.codechrysalis.io を見てみてください!

日本語版Twitter: https://www.twitter.com/codechrysalisJP
Instagram - https://www.instagram.com/codechrysalis
Facebook - https://www.facebook.com/codechrysalis
Blog - https://blog.codechrysalis.io/