Kyoto.go remote #6

イベント内容

TL;DR

  • リモートを使ってGoのパッケージや気になるGoプロダクトのコードリーディングを行います。
  • zoom.us を使うので予めダウンロードしておいてください
    • 録画できたらしようと思ってますがどこに動画ファイルを置くかはまだ決めてない
  • zoomの無料枠を使っているので1コマ40分です。
  • 困ったらgopher.slack.comの #kyoto チャンネルでコメントしてください

参加枠について

もし上限に達しており参加できない場合でも主催者などに連絡することで参加枠を増やすことがあります。

コードリーディングするテーマ

Rethinking Go's HTTP clientoverview presentationを読みながらヤジっていきます!

司会を @luccafort と @ujiでキリのよいところで交代しながらやっていきたいと思います。

会場

zoomの無料枠なので強制的に40分でタイムアップです。 途中入場/途中退出は自由にしてOKというルールです、お手洗いなどに行く場合ミュートのし忘れに気をつけてください 背景を写したくない場合はバーチャル背景を設定しておくとよいです。 顔出しNGのかたはビデオをOffにしてください。

https://us04web.zoom.us/j/7275986672

※zoomのパスワードはgopher.slack.comの #kyoto チャンネルで告知しています

Code of Conduct

Goコミュニティの行動規範はGo公式サイトに「Code of Conduct」として記載があるのでこちらに準拠していきましょう。
英語で書かれていますがGoogle翻訳などで翻訳すればだいたい何が書かれているかはわかると思います。

Gopherくんさん かわいいについて

Gopherくんさんは可愛いのですがCreative Commons Attributions 3.0のライセンスが付与されています。
ロゴやアイコンに使いたいと思いますがきちんと作者(Renée French)のクレジット表記するようお願いします

https://golang.org/doc/gopher/README
https://creativecommons.org/licenses/by/3.0/deed.ja

アンチハラスメントポリシー

ハラスメントとは、性差、性的指向、障害、外見や身体的特徴、人種、宗教、公共な場での性的な画像や類する表現、脅迫、ストーカー、望まない写真撮影や録音・録画、不適切な接触、暴力的な発言およびそれらに関連した不快な言動が含まれます。 このようなハラスメント行為を停止するように主催者が参加者に求めた場合、参加者はすぐに指示に従って下さい。

ポリシーは一般常識を逸脱しておらず、困難な要求を皆さんにお願いしているわけでは無いと思います。
皆さんひとりひとりが協力し、楽しいイベントを一緒に作り上げましょう。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント