【Kanmu × Nature】React Native Meetup

イベント内容

イベントについて

株式会社カンムNature株式会社が共同で開催するテックイベントです。

第一回目は、React Nativeでアプリ開発を行っている両社のエンジニアが、技術に関する知見を共有します。
トークセッションでは参加者の方からの質問を中心に、両者の開発体制や課題などをざっくばらんにお話する予定です。

React Nativeを使って開発している方、または使ってないけど興味があるという方のご参加大歓迎です!
ご参加をお待ちしております。

概要

日時:2020年9月3日(木) 19:30〜21:00
対象:React Nativeの開発に興味を持つエンジニア
場所:オンライン

当日の参加方法

当日はYouTubeライブを利用しライブ中継いたします。
申し込まれた方にはYouTubeライブのURLをお送りいたしますので、ご自宅などからご参加ください。

タイムテーブル

時間 内容
19:30 開始・自己紹介
19:35 カンムでの React Native の歴史と現在 (@mururururu)
19:50 Nature での React Native アプリの運用について (@soh335)
20:10 パネルディスカッション
21:00 アンケート回答・終了

登壇者プロフィール

カンムでの React Native の歴史と現在

伊藤 友気/株式会社カンム 取締役CTO

東京大学大学院中退後、Treasure Data, Inc. にソフトウェアエンジニアとして入社。2018年にカンム入社。 Twitter: @mururururu

Nature での React Native アプリの運用について

soh335/Nature株式会社

カヤック, Make It Real を経てNatureに入社。Nature ではソフトウェアエンジニアとしてファームウェア以外全般を担当。 Twitter: @soh335

パネルディスカッション 登壇者

亀田 京介/Nature株式会社

富山生まれ、富山育ち。面白法人カヤックにて、フロントエンドエンジニアとして多数のサービス・アプリを開発。あるアプリの技術において世界でたったの3人(社)しか開発できないうちの1人という特殊能力の持ち主。

パネルディスカッション モデレーター

松木 雅幸/Nature株式会社 取締役CTO

Nature株式会社 取締役CTO。語学学校の営業職などの紆余曲折の後、印刷系SIerや、カヤックでのリードエンジニア、はてなでチーフエンジニア及びMackerelのプロダクトマネージャーなどの経歴を経て、2019年より現職。 インフラ寄りのソフトウェアエンジニアで、ISUCONに過去3度優勝するなど、インフラを意識したエンジニアリングが得意。OSS活動が趣味でGoやPerlを中心に100個以上のツールやモジュールをGitHubに公開している。著書に「みんなのGo言語」等
Twitter: @songmu

主催について

株式会社カンム

株式会社カンムは「心理的unbankedをソフトウェアで解決する」をミッションに、Visaプリペイドカードアプリ『バンドルカード』を運営する会社です。バンドルカードは250万ダウンロードを突破、さらに現在、決済x投資領域の新規プロダクトも開発中で、さらなる成長を目指して活動中です。

Nature株式会社

Natureは「自然との共生をテクノロジーでドライブする」というミッションを掲げ、IoTプロダクトでクリーンエネルギーへのシフトを加速させることを目指すスタートアップです。スマートリモコンNature Remoシリーズは発売から2年弱で累積販売台数10万台を突破。DeNAなどから5億円の調達に成功。エネルギー事業に本格参入を開始しています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント