コロナ時代のDX ~モバイルアプリで顧客を成功に導く~

イベント内容

参加URL

ご参加の際は、こちらからお願いいたします。
※受付完了後、参加URLへのリンクが表示されます。

概要

withコロナと呼ばれる時代、実店舗へのアクセスが減った今、顧客とのデジタル接点が一層重要になってきます。
中でも人々と最も近いコンピュータであるスマートフォン(モバイルアプリ)を用いた顧客接点の構築が重要となってくることが予想され、これまで業務システム構築などがメインであったITシステムベンダーも、モバイルアプリなどの「攻めのSI」を提案できる力が求められてくる可能性が高いです。

今回のセミナーでは、withコロナ時代/DX時代に一層必要となってくるモバイルアプリについて、提案の武器になる情報をお伝えできればと考えております。

対象者

  • ITシステムベンダーのSE職の方、営業職の方

セッション情報

  • 「With コロナ時代に必要となる攻めのDX」
    富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 佐々木 大樹
  • 「Monacaと開発プラットフォームについて」
    アシアル株式会社 渡辺 卓弥 氏
  • 「スマホ向けのクラウドについて」
    富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 佐々木 大樹

タイムテーブル

時間 内容
18:00 開場
18:10 セッション「With コロナ時代に必要となる攻めのDX」
18:25 セッション「Monacaと開発プラットフォームについて」
18:55 セッション「スマホ向けのクラウドサービスについて」
19:10 質疑応答
19:20 終了
※ご希望の場合は後日個別相談会を行わせていただきます

登壇者プロフィール

渡辺 卓弥 氏

所属:アシアル株式会社
アプリ開発プラットフォーム「Monaca」の開発・運営を担当。
SI企業にて金融系システムの開発を経験した後、アシアルに入社。

佐々木 大樹

所属:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
ニフクラ mobile backend企画/営業担当。
スマホアプリ開発会社出身。

主催者プロフィール

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

クラウド事業、サービス「ニフクラ」を中心に、データ・デザイン/ソリューション事業などを展開しています。
2010年に国産パブリッククラウドサービス「ニフクラ」の提供を開始して以来、利用数を拡大し続け、「FUJITSU Cloud Service for VMware」としても提供してきた結果、累計7,000件以上のお客様のITインフラとして活用されております。

アシアル株式会社

幅広いWebシステム、モバイルアプリを開発するとともに、全世界で27万人超のユーザーを抱える開発プラットフォーム「Monaca」を展開。
クラフトマンシップと高い技術力で、エンジニアリングの側面から、企業の活動をサポートし続けています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。