「データ指向アプリケーションデザイン」を読む会(第2回)

イベント内容

「データ指向アプリケーションデザイン」(Martin Kleppmann 著、斉藤 太郎 監訳、オライリー・ジャパン 刊、2019年)の読書会(第2回)を開催します。 Java読書会BOFは、参加者が順番で本を声に出して朗読し、随時議論をしながら読み進めていくスタイルです。書籍さえ持参頂ければ前回参加しなくてもまったく問題ありません。開催時間の途中からの参加/退出もOKです。お昼はみんなで一緒に近くの定食屋さんで食べにいくのでぼっちめしの心配は不要です。

第2回は、以下の章をおよそ65ページ読み進む予定です。

  • 第2章「データモデルとクエリ言語」
    • 2.3.4.1 セマンティックWeb から
  • 第3章「ストレージと抽出」
    • 3.1 データベースを駆動するデータ構造
    • 3.2 トランザクション処理か、分析処理か?
    • 3.3. 列指向ストレージ
  • 第4章「エンコーディングと進化」
    • 4.1 データエンコードのフォーマット の途中まで

開催案内、参加の申し込み、過去の読書会開催の議事録、およびJava読書会BOFの活動については、Java読書会BOF公式サイト(次のURL)をご参照ください。 http://www.javareading.com/bof/

注意事項 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、次の方は参加を制限させていただきます。

  • 直近二週間以内に海外への渡航歴がある方
  • 発熱・咳等の症状がみられる方

また、参加者全員の名簿(氏名、連絡先)を作成し、1ケ月保管いたします。これは要請があれば保健所等の公的機関へ提供いたします。

今後の予定(会場確保分)

  • 「データ指向アプリケーションデザイン」を読む会(第3回) 12月19日(土) 産業振興会館 第3会議室
  • 「データ指向アプリケーションデザイン」を読む会(第4回) 1月30日(土) てくのかわさき 第4研修室

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。