【プログラミングを学びたい方必見!!】人気急上昇中の言語Pythonでできること

プログラミング
Pythonは簡単に記述できると注目のプログラミング言語です。YouTubeやInstagramをはじめさまざまな開発分野で利用されており、転職先がみつかりやすいだけでなく、高収入が期待できます。この記事ではPythonの特徴やPythonでできることについて紹介します。
【プログラミングを学びたい方必見!!】人気急上昇中の言語Pythonでできること

YouTubeやInstagramなどの開発でも知られるPythonは、簡単に記述できることからさまざまな開発分野で利用されています。需要が高く転職先がみつかりやすいだけでなく、平均年収も他言語と比較して高めのため、新しく学習するのにおすすめです。

この記事では、Pythonの特徴やPythonでできることについて紹介します。どのプログラミング言語を習得すべきか検討している方はぜひ参考にしてください。

Pythonの特徴とできること

機械学習・AIとの関連性がとても強い

コンピュータに自分で学習と予測判断をさせる機械学習の分野では、自分で学習を重ねて結果を推測するAIと、大量のデータから適切な結果を推定するディープラーニングの能力が不可欠です。Pythonは機械学習やAIのシステムの構築を得意としています。

Pythonを使ったデータ分析

Pythonは統計などのデータ分析を得意とし、広く利用されています。特に株価やネットオークションの価格変動、定期的な検索順位の調査などのWebスクレイピング分野でも、PHP以外にPythonが広く活用されるようになっています。

Pythonはライブラリが豊富にあり、これを活用することでデータ分析に役立ちます。
Pythonはもともと行列演算などが考慮されておらず、重い計算に使われることは想定されていません。しかし、PythonにはC++などで書かれた機械学習用のライブラリが複数あります。Python向けのライブラリと組み合わせれば、自分でいちからコーディングするよりも簡単にプログラムが作成できます。また、演算処理が早い言語と組み合わせることで処理能力が高められます。

これにPythonがもともと得意としているプログラムの実行と同時にたくさんのエラーチェックが行える点を組み合わせれば、より確実な結果が導き出せます。そのため、人間の判断のように深く検討するディープラーニングが求められるIoTやAIの分野で広く活用されています。

他言語に比べ圧倒的に読みやすい言語

Pythonは早いうちから標準のコーディング規約が整備されていたため、記述の仕方そのもので戸惑う可能性が低いです。例えばインデントやスペースの位置が統一されていないとどこが同一階層なのかわかりにくくなる、といったことがありません。

Pythonで作られたWebサービス

Pythonを用いて作られたサービスのうち、代表的なものには以下が挙げられます。

  • YouTube
  • Instagram
  • Dropbox
  • Reddit
  • BitTorrent
  • Blender
  • Anki

このように日常的に使うサービスがPythonを用いて作られています。また、スマートフォンのアプリ開発にも用いられています。

有名なところではYouTubeがPythonで作られた

Pythonで作られたサービスが数ある中で、最も有名なサービスのひとつにYouTubeが挙げられます。YouTubeの開発にはpsycoやMySQLなどさまざまなプログラムが組み合わせられていますが、Pythonも重要な役割を果たしています。

ここをPythonで動かしています

YouTubeのトップページには視聴したい動画を検索するためにフリーワードを入力する欄があります。この欄にフリーワードを入力して検索ボタンを押すと、フリーワードに応じて見たい動画そのものやそれに近い動画がでてきます。 このように検索したワードから動画を抽出し、検索結果を一覧に反映する処理がPythonで作られているのです。

Pythonはこれから需要の高まる言語である

Pythonは現状人気が高まっている言語のひとつで、高い需要や今後の発展性があります。そのため、収入面でも期待できる可能性が高いです。

世界での需要も高い

一般的にゲーム開発にはC++など演算速度が速い言語が向いていると言われます。一方、Pythonではゲームに限らずデータ解析や人工知能開発、デスクトップアプリなどさまざまな分野の開発に用いられています。ゲーム開発だけでなく、色々な分野を視野に就職や転職を考えたい場合にはPythonがおすすめです。

実際に、IEEE Spectrumが発表した2018年の人気プログラミング言語ランキングでは、Pythonがトップの人気となりました。Pythonは、組み込みやビッグデータ処理での利用が増加しています。ビッグデータ処理の分野で利用が増えている背景には、Pythonのライブラリの充実が挙げられます。

また、組み込み型プログラムの場合、昨今はプロセッサ自体処理能力が高くなってきているため、従来のコンパイル型のものより記述しやすいPythonに切り替えることが増えてきています。

Pythonエンジニアの平均収入

Pythonは急成長しているAIの分野で活用されているため、需要に対してエンジニアの数が不足しています。

Pythonエンジニアの平均年収は601万円ほどと言われ、RubyやJAVA、C++よりも高収入が期待できます。そのため、これから新しく学ぶためにはおすすめの言語といえるでしょう。

Pythonの学習は「Pythonスタートブック」など学習に役立つ書籍があり、入門のハードルも低めです。Pythonの人気の高まりにあわせ、国内でもセミナーやスクールが多数開催されています。これらを活用すればより短時間でPythonが習得可能です。

Pythonでできることはたくさんある

Pythonは汎用的なプログラミング言語で、多くの拡張ライブラリを組み合わせるとできることが非常に多いです。特に統計やビッグデータ分析に強く、AIやディープラーニングといった機械学習の分野でも注目されています。

また、記述の仕方がシンプルで、コードを読み解く際もわかりやすいのがメリット。入門用の書籍も多数販売されています。

Pythonは言語の需要や今後の発展性、収入などの観点からみても、これから新しく学習するのにおすすめの言語です。今以上に有利な条件で仕事をしたいと考えている方は、一度プログラミングの勉強会やセミナーへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。


TECH PLAYでは、エンジニアの方向けに勉強会・イベント情報を提供しています。
ご興味のある方はぜひご参加ください。