【エンジニア必見】Pythonの資格がIT業界で注目され続ける理由とは

プログラミング
Pythonは世界中で注目されている言語です。ここではPythonの特徴や、おすすめの資格等を紹介します。資格の種類だけでなく、合格率や学習時間まで紹介しているので、Pythonに興味のある人は必見です。プログラミング初心者にもわかりやすく解説しているのでぜひ参考にしてください。
【エンジニア必見】Pythonの資格がIT業界で注目され続ける理由とは

Python(パイソン)とはどのような言語かご存知ですか?Pythonは人工知能開発やWeb開発で使用されている言語です。Pythonの特徴は、コードが簡単で読み書きがしやすく、プログラム初心者でも学びやすいことです。

今回はPythonのおすすめ資格や、なぜPythonの需要が増え続けているのかを紹介します。プログラミング資格取得を考えている人や、資格に興味のある人はぜひ参考にしてください。

Pythonの需要は高まり続けている

Pythonというプログラミング言語の価値は年々高まっています。「汎用性が高いこと」や「コードがシンプルで読み書きが楽」なことから人気がどんどん出ています。

Pythonの主な用途としてはWebアプリケーション開発やデータ分析、AI開発などが挙げられ、身近なものでは「Dropbox」や「Instagram」などがPythonで開発されています。

以前はデータ分析の分野で活躍していた言語ですが、汎用性の高さやシンプルさから使う会社が増え、Pythonエンジニアを求める会社は増え続けています。

AI開発に欠かせない言語

AI開発において、Pythonは欠かすことのできない言語です。2010年以降から緩やかにAIブームが到来し、現在もなおAI事業は注目を集めています。

この記事を読んでいる今もなおAI事業は進化を続け、「人はAIに仕事を奪われる」といわれているほど急成長を遂げている分野です。

そのAI開発を支えているのがPythonです。AI開発に興味のある人はPythonを学習するのがおすすめです。

Pythonは国内だけでなく世界中で人気

Pythonというプログラミング言語は日本国内だけでなく、海外でもかなりの人気を誇っています。元々日本での人気が出るより先に、海外で人気が出ていたくらいです。

ITの先進国アメリカでもかなり多くの企業がPythonを使用しています。有名な企業ではアップル、マイクロソフト、グーグル、YouTubeなどが挙げられます。

Pythonエンジニアの求人は国内だけでなく、海外の求人も多く出ていますので、今後海外進出を考えている人はPythonを学んでおいて損はないです。

Pythonの資格取得難易度はどれくらい?

Pythonの資格に「Python3エンジニア認定資格」というものがあります。Pythonの資格は種類がなく、この資格がスタンダードなものです。Pythonエンジニアとして転職するためには、この資格を取得するのがおすすめです。

ここでは、そんなPythonの資格の取得難易度を紹介します。プログラミング未経験者がどれくらい学習すれば取れるのかを、学習時間の目安や合格率を含めて解説します。

資格の種類と合格率

Pythonの資格は「Python3エンジニア認定試験」と「Python3エンジニア認定データ分析試験」があります。エンジニア認定試験が初級、データ分析試験が上級という扱いになっています。

初級である「Python3エンジニア認定試験」の合格率はおおよそ70%〜80%といわれています。基礎知識の試験ということもあり、高い合格率となっています。

Python資格取得までの学習時間の目安

プログラミング未経験の人が「Python3エンジニア認定試験」の試験に合格するまでにかかる時間は約3ヶ月です。もちろん学習時間の誤差はありますが、大方の見方として3ヶ月あれば、初心者でも資格の合格ラインは超えるといわれています。

3ヶ月で基礎を学び、資格が取れるPythonは初心者に優しい言語と言えます。

Pythonエンジニアを募集している企業は多い

Pythonエンジニアを募集している企業はかなり多いです。未経験歓迎の企業も多数存在していますので、他の言語と比べてもPythonエンジニアの受け口はかなり広いといえます。

現段階でこれだけ人気の言語ですが、今後AI開発がどんどん進み、AIを取り入れたい会社が増加していくので求人数も増加していくと予想されています。

気になるPythonエンジニアの年収は

Pythonエンジニアの平均年収は約570万円となっています。これはPythonの需要が高いことが、数字に現れています。RubyやCなどの言語と比べても平均年収は高いです。

未経験エンジニアの募集をみても年収が高い会社が多いのは、それだけPythonエンジニアが注目されているからです。

人気のPythonは今から学んでも遅くない

Pythonの資格と需要について紹介しました。Pythonは現在もこれからも需要が高い言語だといえます。日本国内だけでなく海外でも多く使用されていることから、世界で活躍するエンジニアになることも可能です。

また今後AIがどんどん進化し、様々な仕事に取り入れられます。そうなればさらにPythonエンジニアの需要も高まっていきます。

今からPythonの勉強をし、Pythonエンジニアとしての技術や知識をつけておくことで、今後AIが仕事をする時代でも活躍できます。ぜひ資格を取得し、Pythonエンジニアとしてのキャリアをスタートしてください。


TECH PLAYでは、エンジニアの方向けに勉強会・イベント情報を提供しています。
ご興味のある方はぜひご参加ください。


おすすめのコラム