Fukuoka Blockchain Summit 2020

イベント内容

Fukuoka Blockchain Summit 2020

福岡を拠点として活躍するブロックチェーン企業が集まり、それぞれの事業内容を紹介します。 2020年福岡のブロックチェーン企業が集まる数少ない機会です!

Youtube配信のため、どこからでも参加可能となります。

どなたでもお気軽にご参加ください!

参加企業

参加対象者

  • 福岡のブロックチェーン事情が気になる方
  • ブロックチェーンに少しでも興味のある方
  • ブロックチェーン業界で働く方
  • これからブロックチェーン業界で働きたいと考えている方
  • ブロックチェーンビジネスの例を知りたい方

【概要】

日時: 11/11(水) 19:00開始

リモート会場: Youtube配信(https://www.youtube.com/watch?v=NWYfoJCkRPU)

福岡会場: Geek Studio

【タイムテーブル】

時間 内容
19:00 オープニングトーク
19:10 暗号屋の稼業 (By 紫竹 佑騎)
19:25 質疑応答
19:30 CryptoeconomicsLabのこれまでとこれから (By 部谷 修平)
19:45 質疑応答
19:50 5分休憩
19:55 ブロックチェーンがひらく「あたらしい経済」(By 北川 広)
20:10 質疑応答
20:15 Nayutaの事業紹介 (By 森山 瞳)
20:30 質疑応答
20:35 アフタートーク
20:45 終了予定

【登壇者プロフィール】

紫竹 佑騎

1986年生まれ、新潟出身。
新卒入社したサイバーエージェントではエンジニアとしてゲーム、フレームワーク、動画メディア等の様々なプロジェクトを担当し2017年に独立。
後に福岡で仮想通貨取引所 Mr. Exchange  CTO として設立・運用し、退職後はブロックチェーン事業に特化した合同会社暗号屋を設立。
医療、アート、ゲーム等の分野で複数企業のブロックチェーンプロジェクトへのテクニカルディレクションや研究開発を行なっている。
著書に「Web制作者のためのGitHubの教科書」。

部谷 修平

経産省管轄情報処理推進機構(IPA)のスーパープログラマ発掘事業「未踏ユース」の2010年度スーパークリエーター。
2012年にビジュアルプログラミング言語や、IoT向けバックエンドサービスを開発するスタートアップを創業し、その後事業譲渡。Cryptoeconomics Labには2018年の創業時から参画し、現在はCTO

北川 広

陸上自衛隊を退官後、事業会社及び財団法人にて国内外の事業開発を経験。20203月より事業開発担当としてChaintopeに参画。幅広い業界での現場経験を生かし、業界に合わせたブロックチェーン活用を提案。

森山 瞳

2017年株式会社Nayutaのバックオフィスを立ち上げ、広報・マーケティングに転向。
インハウスでは調査/勉強会を開催する一方、各方面で広報活動を行い発信している。
ブロックチェーンイベントのパネラーなども務める。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント