第155回RITS技術交流会「DX時代に求められるヒューマン センタード デザイン」

イベント内容

第155回RITS技術交流会をオンラインで開催します。

RITS技術交流会は、リコーITソリューションズ株式会社がリコーグループ向けに毎月、講演会などを開催しているイベントです。今回はリコーグループ外の方にも参加していただけますので、オンライン参加定員30名で参加募集いたします。
参加申込された方には、開催当日(12/11)午前中までに、アクセス方法を連絡します。

DX時代に求められるヒューマン センタード デザイン(Human Centered Design)

デジタルトランスfフォーメーション(DX)の推進に際しては、「ユーザー中心、アジャイル、データアナリティクス」の考え方が重要視されており、「デザイン思考」や「UXデザイン」のアプローチがその前提となっています。
「デザイン思考」や「UXデザイン」「リーンUX」などのベースであるHuman Centered Design(HCD)について基本的な考え方、取り組み方を解説します。
また、規格や認定制度の動向、それぞれの立場(企画、開発設計、品質保証、運用など)でどのように取り組んだらよいのかについても触れます。

講演者: 早川誠二 さん(HCD YOROZU Consulting)

リコー、ソニーにて人間工学研究に始まり、ユーザビリティ、HCD/UXDの実践に長く関わる。
2016年より、HCD YOROZU Consultingとして企業のプロジェクト支援、人材育成、HCD関連団体設立に携わる。現在、NPO法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net)監事など関連団体役員を兼務。
著書(共著)、『エクスペリエンスビジョン~ユーザーを見つめてうれしい体験を企画するビジョン提案型デザイン手法~』など。

懇親会

技術交流会の後に、オンライン接続をそのままで、第二部として、オンライン懇談会を開催します。
1時間ほど、講演者や他の参加者との懇談を楽しみたいと思います。

<個人情報の取り扱いについて>

  • 申込時に登録いただいた氏名、所属の情報は、本技術交流会の参加者リスト作成に利用します。
  • 参加者リストはリコーグループ内向け開催案内に添付され、リコーグループ内で公開されます。
  • 申込時に登録いただいたメールアドレスは、本技術交流会に関するご本人への案内(会場・入館案内、リモート接続方法など)および事後のアンケート依頼、講演資料送付に利用します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント