オンラインBar HashHubで振り返る2020年のCrypto&Blockchain

イベント内容

ご参加はこちらから→ https://youtu.be/2gPCVad_hcM

2020年の見逃しトピックをキャッチアップしよう

今回のテーマは2020年の各分野総おさらいです。毎年拡大していく暗号資産、ブロックチェーン業界の中で、皆様それぞれ注力された領域があると思いますが、今回のBar HashHubではDefiからエンタープライズ領域まで今年のHashHubレポートを見返しながらまるっと全部振り返ります。あまり注視できなかった領域の概要を把握しておきたい方、振り返りを通して今度どんなことが起きるか考えたい方はぜひご参加ください。

【主な振り返りテーマ】
1.マーケット:クリプトマーケットの主役は○○に。
2.Defi&クリプトプロジェクト:今年トレンドになったファーミングとDEXi勢力図 など
3.エンタープライズ:コロナとDX、CBDC、国内企業の取組み

Bar HashHubとは?

Bar HashHubはクリプトやブロックチェーンについて語れる架空のコミュニティスペースです。コロナでコワーキングに大勢で集まりづらくなったのでオンラインに場所を移しました。主にリサーチャーのメンバーがちょっといつもよりリラックスしてトークするので、みなさんもお好きなドリンクを片手に気軽に参加してみませんか?

リサーチャー紹介

平野淳也
学生時代に起業し服飾事業を売却、2013年にビットコインに関心を持ち、ブロックチェーン業界に。自身で運営するメディアやコミュニティでのレポート配信、企業へのアドバイザリーなどを経てHashHubを共同創業し、2019年にCEOに就任。

平山翔 (Indiv)
2015年ドイツ留学中にビットコインに出会いイスラーム金融へのブロックチェーンの応用をテーマに卒論執筆。2017年よりフルタイムで暗号通貨領域での業務を開始。TokenLab共同創業、『マスタリング・イーサリアム』共同翻訳。最近はHashHub ResearchでDefi関連のレポートをよく執筆しています。

矢成将雄
DeFiを中心に取り扱うWebメディア元編集長。DeFi & Open finance、NFT活用事例などを中心にしたリサーチ活動を経て、2020年Hash Hubリサーチチームに加わる。HashHubではレポートの執筆及び企業向けのコンサルティングを担当。最近はHashHub ResearchでIDやサプライチェーン関連のレポートをよく執筆しています。

予習をされたい方には

HashHubリサーチでは今年約300本のブロックチェーンレポートを執筆しました。仕事や投資でしっかり業界動向をウォッチしたい方向けのトピックが揃っていますのでお時間があればご覧ください。会員でなくても閲覧可能な記事もいくつかあります。 https://hashhub-research.com/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント