なぜ今、英語でプログラミングを学ぶ必要があるのか?

イベント内容

日本のエンジニアの需要は高まっています。経産省のデータによれば、2020年の時点で37万人、さらに2030年には79万人ものプログラマーが不足すると言われています。この需要の高まりに応じて、エンジニアに転職する人が増えていくとの予測が立ち、今後はエンジニアスキルだけでなくプラスアルファのスキルが求められていきます。英語はそのプラスアルファのスキルとして最も汎用が聞くスキルではないのでしょうか?本イベントでは、エンジニア兼経営者として活躍する、株式会社PARKLoT 共同創業者 豊田桃子氏とリンギ株式会社長岡 英史氏に登壇頂き、今後求められるエンジニアとは?英語でプログラミングを学ぶ意味とは?についてトークセッションを行っていきます。

こんな方におすすめ :
・将来プログラマーとして国際的に活躍したい方
・プログラミングを勉強したいが、どうやってすれば良いかわからない方
・英語でプログラミングを勉強してみたい方

ゲストスピーカー :

  1. 豊田桃子 Momoko Toyota 株式会社PARKLoT 共同創業者

→株式会社PARKLoT 共同創業者。アメリカの大学を卒業後に就職。その後、29歳でキャリアチェンジを決意し、LeWagonTokyoのコーディングキャンプに参加。無事卒業し、株式会社X-HACKで、WEBエンジニアとして入社。現在、株式会社PARKLoTを共同創業し、活躍中。

  1. 長岡 英史 Hidenori Nagaoka リンギ株式会社 創業者 兼 代表取締役

→Amazonで1位を獲得した日経BP「プログラマーになりたい!」の著者。慶應義塾大学経済学部を卒業後、A. T. カーニーにて幅広い業種の戦略コンサルティング業務に携わる。その後、設立まもないメルカリにてインターンを経て、ヘルスケア事業の立ち上げと資産運用会社の起業を行う。現在、ソフトウェアエンジニアとして、Webアプリの開発・データ分析案件などに携わりながら、自身のプロダクトの開発とプログラミング教育をライフワークとして行なっている。趣味はオーケストラでのヴァイオリン演奏。

モデレーター :辻 周悟 Shugo Tsuji
→Le Wagon Tokyoのマーケティングのインターン生

開催概要:
日時:2021年2月10日(水)19:00 - 20:00
参加方法:オンライン開催(お申込後にメールでZoomURLを送信します。)
参加料:無料


Le Wagonについて

Le Wagonは5大陸40都市にて展開し、9,000名以上の卒業生を輩出したフランス発の世界屈指のコーディングブートキャンプです。
日本においては、Le Wagonは2016年に初めての9週間のフルタイムWeb開発コースを開講、24週間のパートタイムプログラムを2019年に開講しました。過去3年間で300人以上の卒業生を輩出し、卒業生は日本の大手テック企業にてWeb開発者やプロマネ、デザイナーとして仕事をしています。
主な就職先は、Apple/ Google/ Amazon/ McKinseyなどの一流企業に始まり、 Paypal/ Uberなどのメガベンチャーまで幅広く存在します。また、Le Wagon東京は2016年以来、200以上のイベントを開催し、4,000人以上のコミュニティを誇る、テックイベントの最大手でもあります。

Le Wagon 東京キャンパスについてもっと詳しく知りたい方はこちら:https://www.lewagon.com/ja/tokyo

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント