Open Mobile Network Infra Hands-on #1

2021/06/08(火)18:00 〜 19:30 開催
ブックマーク

イベント内容

概要

モバイルネットワークインフラのオープン化や低廉化,柔軟性や拡張性の向上等を目的に,現在ではモバイルネットワークインフラに関連するオープンソースソフトウェア(OSS)の開発が活発に進められています.例えば,基地局機能を提供するOpenAirInterfaceやモバイルコア機能を提供するfree5GC等が開発されており,これらOSSを組み合わせることで一般の企業や団体,個人でも自営でモバイルネットワークインフラを構築することが可能になっています.

本イベントはモバイルネットワークインフラに関連するOSSの話題について技術者(開発者,ユーザー)同士で議論し,ワイワイ盛り上がろうという会です.

コンテンツ:OpenAirInterface RAN エミュレータ Hands-on(ハンズオン)

日時:2021年06月08日(火)18:00~19:30,オンライン開催(Zoom)

タイムテーブル

※発表時間・内容は変更になることがあります.

時間 内容 発表者(敬称略)
18:00~18:05 Opening Yoshio Inoue
18:05~18:45 OpenAirInterface RANソフト概要
Hands-on (OpenAirInterface Basic-simulator)
Yoshio Inoue
18:45~19:25 OpenAirInterface RANソフトアーキ
Hands-on (OpenAirInterface L2 nFAPI Simulator)
Masayuki Harada
19:25~19:30 Closing Masayuki Harada

Hands-on環境(事前準備)

Hands-onでは、以下の2種類のOAI-eNB/UEのエミュレータを動作させます。

  1. Basic-simulator (noS1)

    信号処理とプロトコルの実装をチェックするための、ハードウェア無線機なしでデバッグを行うのエミュレータです。 noS1モードは、S1/NASプロトコルを含まず、コアネットワークなしのeNBとUEのみでの接続が可能なモードです。

  2. L2 nFAPI Simulator (with S1 / same machine deployment)

    L2 MACとL1 PHYのインターフェースであるnFAPI interfaceを用いてeNBとUE接続を行う、L1 PHY機能を除いたエミュレータです。 今回の構成でのコアネットワークは、free5GC stage1を利用しています。

参加者の皆様は以下のリンクの手順に従い、dockerコンテナイメージをダウンロードいただき、事前準備をお願いいたします。事前準備手順はこちら

また、事前準備に関する質問・問い合わせは、Open Mobile Network Infra CommunityのSlack #hands-on-1へ書き込みお願いします。

配信環境

本イベントではオンライン会議システムZoomの使用を予定しています.Zoomのログイン情報は connpass からのメールでお知らせしますので,connpassからのメールを受け取れるようにご準備ください.当日は17:50より配信を開始する予定です.

Slackワークスペース

情報交換の場としてOpen Mobile Network Infra CommunityのSlackワークスペースを用意しています. こちらにもご参加いただけますと幸いです.

Open Mobile Network Infra Community

Q&A

hands-onに関する質問はOpen Mobile Network Infra CommunityのSlack #hands-on-1へ書き込みお願いします。

アンケート

今後よりよいコミュニティにしていくために,参加者の皆様に簡単なアンケートのご協力をお願いしております. もし宜しければ下記アンケートにお答え下さい.

アンケート回答フォーム

ハッシュタグ

本hands-onのハッシュタグは #omni_jpです.是非SNS等で拡散お願いいたします.

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。