ドラッグ&ドロップで簡単Webデザイン、App Builder解説ウェビナー

UX

イベント内容

ドラッグ&ドロップで簡単Webデザイン、App Builder解説ウェビナー

2021年4月にリリースされたIndigo.Design App Builderの使いどころや利用方法を紹介するオンラインセミナーです。

Webアプリ開発時には、デスクトップアプリ開発時にできていた、いわゆる「ポトペタ」開発(UI要素をドラッグ&ドロップでデザイン)を行うことができず、HTMLやCSSを駆使してフロントエンドデザインを書き上げる必要があり、そのデザイン作成に多くの時間と労力を割くことになります。

また別の課題として、デザイナーや設計者が作ったデザインが、採用予定の言語やフレームワーク・ライブラリでは反映させるのが難しく、決定されたデザインへ寄せに行くためのコストが大きくかかってしまうケースがあります。

App Builderは、そういった課題を解決しデザイン~開発の一連のプロセスを短縮することで、Webアプリ開発の生産性を向上させるためにリリースされました。 Webアプリケーション開発に携わられる方やローコード開発に興味のある方は、是非ご参加ください!(ランチタイムでの開催となります、お気軽にご参加ください。)

※実施日前日(6月8日[火])と当日の開始1時間前にconnpassより閲覧用URLを送付しますので、ご認識のほどお願いします。

開催概要

主 催 インフラジスティックス・ジャパン株式会社
開催日時 2020年6月9日(水) 12:00 - 12:45
会 場 オンライン
対 象 Webアプリケーション開発者、デザイナー、ローコード開発に興味のある方
参加費 無 料

※本セミナーではオンラインセミナーツール「Zoom」を利用致します。

App Builderについて

App Builderは、ブラウザ上でWebアプリのデザインをGUI操作だけで行えるデザインツールです。デザインした画面のコードをその場で確認したり、Zipファイルとしてダウンロードして、プロジェクト実行することもできます。 2021年5月時点では、Angularアプリのコード生成に対応していますが、今後ReactやWeb Component、Blazorなどの他のフレームワーク・言語にも対応する予定です。 また、UIデザインツールとの連携もサポートしており、SketchやAdobe XD、Figmaなどのツールで作成したデザインを取り込んでコード生成できる仕組みを提供する予定です。(2021年5月時点ではベータ版でSketchのみ対応) なお、App Builderは組み込み版モジュールの提供も予定しており、ローコード・ノーコードソリューションを開発する際のポトペタデザイナーとしてApp Builderを利用いただくシナリオも想定しています。今後のアップデートにもご期待ください!

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント