コンテナ共創センター勉強会 #6

イベント内容

コンテナ共創センター勉強会とは?

コンテナ共創センターに関わる方々を盛り上げる活性化のためのコミュニティです。 これからコンテナを利用する方や既存のアプリをコンテナ化したい方向けに以下のような内容をお届けしていきます。

  • コンテナを基礎から学べるワークショップ
  • クラウドネイティブをテーマとした最新技術情報を共有
  • 業界の第一人者によるセッション
  • コンテナ共創センターとしての成功事例・失敗事例の紹介
  • コンテナに関わる全ての方のコミュニケーションの場

これらを通して、皆さんでコンテナ共創センターを盛り上げていきましょう!

第6回テーマ : OpenShift特集#2!コンテナ技術実践編

Keynote :
コンテナの価値を享受するために-OpenShiftを活用するためのポイントや体験談について

キンドリルジャパン合同会社 鈴木様より、実際のご経験に基づいたOpenShiftを活用する上での検討ポイントをご紹介頂きます。

・セッション概要
企業のコンテナプラットフォームとしてOpenShiftが採用され始めていますが、ただ導入するだけではコンテナの価値を存分に享受できません。 コンテナの価値をより享受するために、OpenShiftを活用するときに考えておきたいポイントなど、自身の経験を基に解説します。

鈴木 洋一朗
キンドリルジャパン合同会社、ITスペシャリスト
マルチテナント型クラウドサービスの運用を経て、様々な業界におけるクラウド基盤の設計・構築・運用を担当。 現在はOpenShiftやKubernetesに関する技術支援・提案活動に従事しながら、マルチクラウドサービス開発やコンサルティング支援と幅広く活動。

Lightning Talk :
AIソリューション「MODEWO」のコンテナ化と人材育成

株式会社システムリサーチ 毛利様より、実際にコンテナ共創センターで取り組まれた画像認識AIソリューション「MODEWO」コンテナ化でのご経験をご紹介いただきます。

・セッション概要
コンテナ共創センターを通じて「MODEWO」のコンテナ化と人材育成における体験談

毛利 茂弘
株式会社システムリサーチ シニアマネージャー
株式会社システムリサーチでアプリケーション・インフラ基盤を中心としたプロジェクトマネージャーに従事。AIソリューションチームを担当し、クラウド基盤、AI領域など提案活動・プロジェクトマネージャーとして活動中。

進行

中島 康裕
日本IBM株式会社 ITスペシャリスト

中山 文恵
日本IBM株式会社 ITスペシャリスト 

イベント概要

対象

  • コンテナやKubernetesを今から学び始めようという方
  • コンテナやKubernetesの動向に関心がある方
  • 他社でのクラウド・ネイティブの活用に興味がある方

参加条件

  • 参加条件: コンテナ共創センターに参加されていない方でもOK
  • 参加費: 無料

参加方法

Webex

イベント開催の2日前になりましたら、当ページの「参加者への情報」欄にセミナー参加者用の招待URLを表示しますので、そちらをクリックしてご参加ください。「参加者への情報」はイベントに申し込みいただいた方のみ表示されます。)

タイムテーブル(目安)

時間              内容   スピーカー  
18:00-18:05 本日のみどころ 中島、中山, 日本IBM      
18:05-18:35 Keynote : コンテナの価値を享受するために 鈴木 洋一朗, キンドリルジャパン合同会社
18:35-18:50 Lighting Talk : AIソリューション「MODEWO」のコンテナ化と人材育成 毛利 茂弘,  株式会社システムリサーチ   
18:50-19:00 クロージング -

行動規範

参加者に対して、妨害と見られる言動や行動(人材紹介、転職、宗教など、当イベントとは関係のない勧誘を含む)、および一般的に法律に触れる行動については、固くお断りいたします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント