iPhone・iPadでマイアバター

イベント内容

iPhone・iPadでマイアバター

(iPadだけでスキャンからアプリ作成までを試す様子も紹介)

  • 追記:iPad Swift Playgroundsがアップデートされ、遂にiPadで本物のAppの作成が可能になりました。そこで、今回 iPadだけで、スキャンからアプリとしての動作確認までを追加します。(12月20日更新 )
    iPhoneアプリ(iPadでも動作)のin3Dでマイアバターを作ります。初めて使う方は三日間・3回まで無料でスキャンを試せます。(2021.12.3現在)その後は有料のサブスクリプションになります。継続しない方は、ご自身のデバイスの設定でキャンセルが必要です。このアプリは今までに何度も料金形態が更新されています。お使いになるときは、改めて料金形態をご確認ください。
    in3Dは、TrueDepthカメラ(Face ID対応のiPhone, iPadが搭載)を使います。iPhone, iPadでFace ID機能が付いてる機種でお試しください。
    in3Dには、いくつかのアニメーションが内蔵されていますが、マイアバターをエクスポートして、別のアプリやサービスで利用することができます。このセッションでは、Adobe Mixamoで読み込み、アニメーションを試します。
    Mixamoの利用には、Adobe IDが必要ですが、無料のアカウントで利用できます。
    Adobe Mixamoでアニメーションを付けたマイアバターは、Adobe AeroでARにすることができますが、このセッションでは、Sketchfab(無料アカウントで可能)を利用し、iPhone, iPadだけでなく、Androidスマホでも楽しめるようにします。
    注:Adobe AeroによるAndroidスマホへのAR対応は進んでいますが、日本では開始されていません。2021.12.3現在)

参加に必要なもの

・特にありません。
視聴用と体験用、複数のデバイス(パソコンとスマホなど)があると視聴しながら試すことも可能です。
体験にはin3Dアプリを利用します。
踊りだけでなく、多様なアクション、ポーズを試せる、AdobeのMixamoをデモします。
iPhone, iPadだけでなく、AndroidスマホでもAR体験ができる、Sketchfabをデモします。

  • in3Dアプリは無料で使えるお試し回数と期間があります。このセッションで使い方を知ってから試すと有効に利用できるでしょう。サブスクリプションを解除しないと、お試し期間後に課金されます。ご注意ください。

対象

・iPhone, iPadで色々と楽しんでみたい方
・人物のスキャンを試してみたい方
・AR(拡張現実)に興味のある方
・in3Dアプリは身長の設定があり120cm以上になっています

別注:リアル開催地について

・札幌市中央区(さっぽろ創世スクエア)で開催します。
・感染症の状況によっては、オンラインのみになる場合があります。
・その場合は、リアルで申し込んだ方もオンラインでご参加ください。
・予め、ご了承の上でお申し込みください。

問い合わせ

質問、問い合わせは「イベント管理者への問い合わせ」からお願いします。

MOSAについて

MOSA Multi-OS Software Artistsは、プログラミングに取り組む方々を応援する団体です。
テクノロジーを楽しむセッションを毎月開催しています。
http://www.mosa.gr.jp

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。