【暗号通貨読書会#44】Flowホワイトペーパー

イベント内容

暗号資産(仮想通貨、暗号通貨)に関する論文/ホワイトペーパーを輪読します。 上級者向けの内容となっておりますので、初学者の方は当勉強会が開催している「ビットコインとか勉強会」にまずはご参加されることをおすすめします。

論文情報

Flowブロックチェーンは、CryptoKittiesなどの開発で知られるDapper Labsが、より洗練されたユーザ体験を実現するために設計・実装したブロックチェーンです。近年のNFTブームの先駆けとなったNBA Top Shotでも採用されて注目を浴び、日本でも提携する企業やサービスが増加しています。テクニカルペーパーでは、Flowブロックチェーンの特徴である4つのロール(Collector/Execution/Verifier/Consensus)モデルとFlowの設計思想について紹介します。

(※ FlowブロックチェーンのDapps開発については、ビットコインとか勉強会#52のアーカイブもご覧ください)

発表者

加嵜長門 Twitter

  • 合同会社DMM.com CTO室/旧ブロックチェーン研究室
    Apache SparkやSQL on Hadoopを用いた分散処理技術やブロックチェーン技術の研究開発、事業提案などを担当。
    著書:『ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書』『ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ』(マイナビ出版)ほか (Amazon)

会場

オンライン開催(Zoomを利用予定)

今回は新型コロナウィルスの感染拡大に伴いまして、オンライン(※Zoomを予定)での開催といたします。 参加は無料ですので是非ともお申し込みください。 なお、視聴用のリンクはイベントが始まる直前に本ページへのコメントとしてお知らせさせていただきます。

また懇親会につきましてもオンライン懇親会(※Zoomを予定)といたしますので、参加される方はお手元に飲み物を用意いただいた上でご参加ください。

本編については録画のうえ、後日YouTubeにアップロードされます(懇親会は録画されません)。 顔や音声が映り込まないようご注意ください。

タイムテーブル

時間 タイトル
19:30-19:40 はじめの挨拶
19:40-20:40 発表
20:40-20:50 終わりの挨拶
21:00- オンライン懇親会

持ち物

  • 論文
  • やる気

勉強会スタイル

登壇者となる方に論文を解説していただきます。 聴衆および登壇者が互いにより深く論文を理解するために、少しでも疑問に感じたことや、分からない部分がありましたら積極的に手を上げて発言していただくようお願い致します。

参加枠について

一般

参加費は無料です。

スポンサー

株式会社withB

暗号資産・ブロックチェーン業界特化型転職支援サービス 株式会社withB様にZoomをご提供いただいてます。

ロゴ画像

禁止事項

投資やネットワークビジネス等への勧誘は禁止です。

連絡先

当勉強会のSlack

↑勉強会当日、会場への入館方法がわからない場合などの緊急連絡先です。

また、運営委員会への入会希望や、登壇希望もこちらまでお願いします。

※勉強会会場となる企業へ問い合わせず、勉強会スタッフへの連絡をお願いします。

運営委員会への入会希望や、登壇希望はこちらまで。
運営スタッフ参加応募フォーム
登壇応募フォーム

当勉強会のFacebookグループ

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。