機械学習入門:MLflowで学ぶMLOpsことはじめ

イベント内容

Oracle Big Data Jam Sessionはオンラインで開催!

オンライン申し込み方法

参加ご希望の方は下記URLより登録お申し込みをお願いします。
URL : https://www.oracle.com/goto/code-jp

参加ご希望のイベントを選択することで登録が可能になります。
*複数のイベントを選択も可能!1度の登録で選択した全てのイベントへの登録が完了します


本イベントに関連するご連絡をconnpassからも行わせていただきますので、
「このイベントに申し込む」ボタンをポチッていただきますようご協力をお願いします!


*お申し込み方法に関するお問い合わせは本ページにある「イベントへのお問い合わせ」もしくは 日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.com へお願いします。

Oracle Big Data Jam Sessionって?

"Oracle Big Data Jam Session" はビッグデータやデータサイエンス関連のオープンな技術情報を初学者の方対象にご紹介する勉強会シリーズです。「難解な専門用語や数式を可能な限り排除し、ときにはデモを交え、平たく、分かり易く」をコンセプトに皆さんにお届けしていきたいと考えております。
なるべく本セッションの時間中に理解でき、消化不良にならないレベルにとどめながら、おさえておきたい情報は網羅されているというコンテンツを目指しております!是非お仲間をお誘いの上、お気軽にご参加ください!


※四半期毎に開催予定

こんな方におすすめ

・ これから機械学習を利用した開発をしていきたい方
・ 機械学習のトレンド技術を知りたい方
・ なるべく初歩的な内容から学習したい方

今回のテーマ

未経験および初学者の方を対象に、基礎的な内容で実施いたします。 本ウェビナーシリーズでは、これまで、機械学習のいくつかの学習方法についてフォーカスしてお届けしてきましたが、今回は機械学習システムの”運用”についてフォーカスします。

古くはデータマイニングと呼ばれていた時代から機械学習の技術は存在しますが、その運用”MLOps”については、現在でも標準化された定義はありません。しかし、どの機械学習の現場でも、必ず発生する共通処理や、便利な運用方法はあります。本セッションでは、「MLOpsとはそもそもどのようなものなのか」から、「どういったワークフローが必要で、そのためにはどのようなツールや機能を使うのか」にフォーカスし、デモンストレーションを交えながら実施します。デモンストレーションでは、MLOpsのデファクトとなっているMLflowをメインに紹介する予定です。

また、機械学習に精通していない方でも、MLOpsがどのようなものかをご理解いただけるようにするために、機械学習の基本的な内容についても可能な限り省略せずに説明いたします。

これからMLOpsを始めようとされる方、もしくは、これから機械学習を始めようと考えており運用のイメージまで持っておきたいという方向けのセッションとなります。

タイムスケジュール(予定)

時間 タイトル 登壇者
18:20 - 18:30 接続開始 -
18:30 - 18:40 オープニング 園田憲一 @sonoken
18:40 - 19:40 機械学習入門:MLOpsことはじめ 園田憲一 @sonoken
19:40 - 20:00 Q&A -
20:00 終了 -

★セッションやQ&Aの進行状況によって終了時間が変更になる場合があります。

スピーカー:園田憲一(Oracle Groudbreaker Advocate)

日本オラクル入社後、Exadata製品担当、IaaS製品担当を経て、現在はビッグデータおよび機械学習のクラウド技術を担当。
”複雑な技術をわかりやすく”をモットーにData Management & Analytics の分野で Oracle Groudbreaker Advocateとして活動中。

参加方法

当日のウェビナーはZoomを使用して開催します。
こちらよりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。
そちらのメールに当日の参加用 URLとPWが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。

お願い

下記「プライバシーポリシー」をご確認・ご了承いただいた上で、お申し込みの際はお名前等のご記入をお願いします。
ご協力いただけない場合は当日参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

<プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて>
https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html

その他

Twitter ハッシュタグは #orajam です。
弊社製品やサービスを例に説明することもありますが、Product Placementとご理解ください。
Oracle Cloud Free Trial: https://www.oracle.com/jp/cloud/free/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。