IntelからRISC-VにPCやスパコンのCPUを置き換え高速化する技術勉強会(Skype上)

イベント内容

スパコンやPCのCPUはIntelがシェアを持っています。これは主にソフトウェア互換性によるものです。
この勉強会では、CISC(Complex Instruction Set Computer)であるIntelから他のRISC-VアーキテクチャにPCやスパコンのCPUを置き換え、PCやスパコンを高速化する技術を学習します。

日本ではRISC-Vのスパコンは富士通の富岳が有名ですが、この勉強会ではIBMのPOWERシステムを学習します。
ここではIBMのPOWERを題材にしますが、この技術は他のRISC-Vアーキテクチャにソフトウェアをポートするのにも使えるはずです。

お気軽に参加ください

以下のSkypeリンクより参加できます。

https://join.skype.com/wNYsyGtQDOcF

Discordサーバもあります

https://discord.gg/hqxsnjYTg9

この勉強会では教科書を購入する必要はありません。
予習も必要ありません。
ドキュメントを愚直に読んでいき、議論する会です。

以下のようなドキュメントを読む予定です。

「Vector Intrinsic Porting Guide」
https://openpowerfoundation.org/specifications/vectorintrinsicportingguide/

「Power ISA version 3.1」
https://ibm.ent.box.com/s/hhjfw0x0lrbtyzmiaffnbxh2fuo0fog0

POWERシステムの詳細については以下を参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/Power_Systems

オープンソース開発者はPOWERシステムをただで借りれます。申請したら簡単に使えます。
https://openpower.ic.unicamp.br/minicloud/

参加したい方はSkypeをインストールの上、指示に従って入室お願いします。

個人的にはIntelのx86のIntrinsicコードをIBMのPOWERのIntrinsicコードにポートする作業に興味持ってます。

記事書きました

https://qiita.com/daisukeokaoss/items/c0b94eb86a42c28dcce8

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。